2020年2月

2020.2.12
第二回細胞形成研究会のご案内(2月28日)
2020.2.10
令和元年度 岩手大学公開講座「春をむかえる森をみる」のご案内(3月29日)

岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでは、「滝沢演習林で冬越しをすませた森の生き物を観察しよう」という趣旨で自然観察会を開催します。この季節の森や生き物の観察を楽しみましょう!

 

〇日  時:令和2年3月29日(日)9:30~12:00 ※9時30分までに滝沢演習林庁舎前集合

 

〇場  所:岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター 滝沢演習林(添付の募集要項地図参照)

 

〇講  師:浅沼 晟吾氏(元森林総合研究所東北支所長)

 

〇対  象:一般市民、親子(※基本的には小学生以上)

 

〇募集人数:20名程度

 

〇参 加 費:無 料

 

〇服 装 等:冬の森林散策に相応しい服装で防寒長靴・虫眼鏡・双眼鏡などがあれば便利です。

       水分補給の飲み物をご持参ください。小雨決行(雨具持参)。

 

〇申込締切:令和2年3月13日(金)(締め切り前であっても、人数が定員に達し次第締め切らせていただきます。)

 

※詳細は、添付の募集要項をご覧ください。

 

【申し込み・問い合わせ先】

岩手大学 三陸復興・地域創生推進機構 生涯学習部門

TEL:019-621-6492 E-mail:renkei@iwate-u.ac.jp

 

 

 

2020.2.5
令和2年3月修了に係る大学院総合科学研究科農学専攻修士論文発表会のお知らせ (2020.2.14~19)

総合科学研究科農学専攻及び農学研究科では、以下のとおり修士論文発表会を開催します。 (2020.2.14 〜19 開催)

コースにより日時と会場が異なりますので、ご確認のうえ、お越しください。

 

○農学専攻植物生命科学コース

 日時:令和2年2月17日(月)9:00~17:00

 会場:農学部1号館 2階 1号会議室

 

○農学専攻応用生物化学コース

 日時:令和2年2月14日(金)8:35~17:25

 会場:農学部 北講義棟1階 2番講義室

 

○農学専攻動物科学コース

 日時:令和2年2月18日(火)13:00~16:10

 会場:農学部 総合教育研究棟(生命系)1階 7番講義室

 

○農学研究科共生環境専攻

 日時:令和2年2月19日(水)8:25~17:30

 会場:農学部 南講義棟 1階 4番講義室

 

本件に関する問い合わせ先:
学務部 大学院・専門教育課   専門教育グループ  
019-621-6988   grikei@iwate-u.ac.jp  

2020.2.4
第25回植物生命科学セミナーの開催のお知らせ (2020.2.13 開催)

第25回植物生命科学セミナー

日時: 2020年2月13日(木) 16:00~17:30

場所: 農学部 総合教育研究棟(生命系)

講師:Prof. Christian S. Hardtke (University of Lausanne, Lausanne, Switzerland)

タイトル: Developing phloem in plant organ formation – a balancing act

 

スイス・ローザンヌ大学のChristian Hardtke先生に植物根のメリステムの遺伝学研究の現状についてお話いただきます。

 

 

 

 

2020.1.17
農学部主催(連大共催)国際シンポジウム開催のお知らせ(1月23日)

岩手大学農学部では、下記のとおり国際シンポジウムを開催いたします。

事前登録は終了しましたが、当日参加も可能ですので、奮ってご参加下さい。

 

日時:2020年1月23日(木)08:40 ~ 17:40

場所:岩手大学 理工学部 復興祈念銀河ホール

 

PROGRAM:

MorningSession(AnimalScience):8:40-12:00

 

8:40-8:45-Opening remarks – Drs. Masao Miyazaki and Abidur Rahman

 

8:45-9:25 -SA 1- How do mammalian pheromones coordinate flexible responses to the social environment?
Dr. Jane Hurst– Mammalian Behaviour & Evolution Group, Institute of Integrative Biology, University of Liverpool, UK

 

9:25-9:55 -SA 2- The application of novel methods of mass spectrometry in the analysis of biological systems
Dr.Robert J Beynon– Institute of Integrative Biology, University of Liverpool, UK

 

9:55-10:25 -SA 3- Odorant receptor class choice and olfactory behaviors

Dr. Junji Hirota- Center for Biological Resources and Informatics,Tokyo Institute of Technology, Japan

 

10:25-10:40-Tea Break

 

10:40-11:10 -SA 4- Dog (Canis familiaris) -Human interaction and their domestication

Dr. Takefumi Kikusui- School of Veterinary Medicine,  Azabu University, Sagamihara, Japan

 

Oral presentation by students-1

 

11:10-11:20 -OA 1- BAC library construction and BAC-FISH mapping in the eastern paleclouded yellow butterfly, Colias erate
Mizuki Ohno- United Graduate School of Agricultural Sciences, Iwate University, Japan

 

11:20-11:30 -OA 2- Eukaryotic homologs of CdsA possess the ability to biosynthesize glycolipid MPIase involved in membrane protein integration and preprotein translocation
Yusei Sekiya- Faculty of Agriculture, Iwate University, Japan

 

11:30-11:40 -OA 3- New immortalized human follicle dermal papilla cells with a constant expression of testosterone receptor keeps normal response against the dihydrotestosterone
Kohei Takahashi- Graduate School of Science and Engineering, Iwate University, Japan

 

11:40-11:50 -OA 4- Analysis of transgenic mice upregulating the felinine pathway for downregulating the cholesterol biosynthesis in cats

Manon Miura- Faculty of Agriculture, Iwate University, Japan

 

11:50-12:00 -OA 5- The neuronal system for euphoria is important for the matatabi-response in cat.
Reiko Uenoyama- Faculty of Agriculture, Iwate University,Japan

 

12:00-13:50- Lunch and Poster session

 

Afternoon Session (Plant Science) : 14:00-17:40

 

14:00-14:40 -SP 1- To grow or not to grow : what makes roots respond to environmental signals?
Dr. Wolfgang Busch- Plant Molecular and Cellular Biology Laboratory, Salk Institute for Biological Studies, La Jolla, California, USA

 

14:40-15:10 -SP 2- Regulation of polar auxin transportin response tohighsalinity
Dr. Masahiko Furutani- College of Life Sciences & Haixia Institute of Science and Technology, Fujian Agriculture and Forestry University, Fujian, China

 

15:10-15:40 -SP 3- Plant responses to complex natural environments captured by field transcriptomics
Dr. Atsushi J. Nagano– Faculty of Agriculture, Ryukoku University, Japan

 

15:40-16:10 -SP 4- Three unusual things about how roots of Arabidopsis thaliana acclimate to temperature
Dr. Tobias I Baskin- Biology Department, University of Massachusetts,  Amherst, MA, USA

 

16:10-16:30-Tea break

 

Oral presentation by students -2

 

16:30-16:40 -OP 1- High respiration rate per dry mass of beech seedlings stimulates early budburst after three years shading
Citra Gilang Qur’ani- The United Graduate School of Agricultural Science, Iwate University, Japan

 

16:40-16:50 -OP 2- Understanding the mechanisms of action of auxinic herbicides dicamba and picloram in inhibiting Arabidopsis root growth
Haruna Sakai- Graduate School of Arts and Science, Iwate University, Japan

 

16:50-17:00 -OP 3- Chromosome 5 and 6 derived from African Rice Enhances Phenotypic Plasticity
Yusuke Masuya- United Graduate School of Agricultural Sciences, Iwate University, Japan

 

17:00-17:10 -OP 4- Intraspecific variations in leaf phenology and frost hardiness of leaves in a deciduous tree, Fagus crenata, in relation to the frost regime in spring and autumn
Saki Sugimoto- The United Graduate School of Agricultural Sciences, Iwate University, Japan

 

17:10-17:20 -OP 5- Understanding the molecular mechanism of cellular detoxification and vacuolar transport of cesium in Arabidopsis
Keita Ito- Graduate school of Arts and Sciences, Iwate University, Morioka, Japan

 

17:20-17:40- Award Session and Closing remarks -Dr. Matsuo Uemura

 

19:00-21:00- Symposium Dinner (Metropolitan hotel)

 

 

 

詳細は、添付ファイルをご覧ください。

2020.1.17
第1回 岩手大学次世代アグリイノベーション研究センターとの連携による教養セミナー・第25回植物生命科学セミナーの開催のお知らせ (2020.1.31 開催)

内容

第1回 岩手大学次世代アグリイノベーション研究センターとの連携による教養セミナー・第25回植物生命科学セミナー

日時: 2020年1月31日(金) 10:30~12:10

場所: 農学部 7 番講義室

1. 齋藤雅典(東北大学 名誉教授、(一社)日本土壌肥料学会 副会長)

「土と植物をつなぐ菌根菌」

 

2020.1.17
第43 回 岩手育種談話会・第24 回植物生命科学セミナーの開催のお知らせ (2020.1.30 開催)

内容

第43 回 岩手育種談話会・第24 回植物生命科学セミナー

日時: 2020年1月30日(木) 15:30~16:30

場所: 農学部 6 番講義室

1. 高橋 有 氏(農研機構 遺伝資源センター)

「野生植物から新しい作物を」

2. 殿崎 薫 氏(岩手大学農学部)

「イネ胚乳の生殖的隔離を引き起こすオス・メスゲノムのせめぎ合い」

 

2020.1.6
岩手大学公開講座「かんじきをはいて冬の森を歩こう」のご案内 (2月16日)

農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでは、かんじきをはいて、冬の滝沢演習林を散策し、冬の樹木観察やアニマルトラッキングなどを楽しむ公開講座を行います。多くの皆様のご参加をお待ちしております!

 

〇日  時:令和2年2月16日(日)13:00~15:30

 

〇場  所:岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター 滝沢演習林 ※13時までに滝沢演習林庁舎前集合

     (住所:岩手県滝沢市楢の木沢80 TEL:019-688-4104)

 

〇対  象:市民一般、親子

 

〇募集人数:20名程度

 

〇参 加 費:無料

 

〇留意事項:

①防寒対策を万全にしてきてください。水分補給の飲み物をご持参ください。      

②かんじき、スキーストックをお持ちの方はご持参ください。      

③雪が少ない場合、かんじきの使用は一部分となり、自然観察が中心となりますので、ご了承ください。

 

〇申込締切:令和2年2月7日(金)

(締め切り前であっても、人数が定員に達し次第締め切らせていただきます)

 

〇申し込み・問い合わせ先:

岩手大学 三陸復興、地域創生推進機構 生涯学習部門

(9~17時/土日祝日を除く) 

TEL:019-621-6492 FAX:019-621-6493 メール:renkei@iwate-u.ac.jp

 

 

※詳細は添付の募集要項をご覧ください。

 

 

 

2019.12.9
第6回東北農場HACCP研究会のご案内(12月21日)

1.日 時:令和元年12月21日(土)午後1時30分~5時

 

2.場 所:岩手大学 総合研究棟(生命系)7番講義室 (岩手県盛岡市上田三丁目18-8)

 

3.参加費:2,000円(テキスト代として)

お申し込み後、郵送で郵便局の払込取扱票をお送りいたします。請求書払いをご希望の場合はその旨お知らせください。

 

4.申込方法:参加申込書に、必要事項を記載し、FAXまたはEメールでお申し込みください。(締切:12月18日(水))

 

5.プログラム:

基調講演

「JGAP認証の現状と今後の課題」  日本JGAP協会 事務局長 荻野 宏先生

 

事例報告

(1)「農場HACCP審査における指摘事項の傾向と基準への適合」 山形県畜産協会 業務課長 種市 淳先生

(2)「宮城県における農場HACCP認証構築事例」 宮城県北部地方振興事務所栗原地域事務所 技師 斎藤 拓海先生

(3)「東北六県における農場HACCP認証の現状」 東北各県 実行委員フリーディスカッション

 

6.その他:【情報交換会について】

・日 時:12月21日(土)午後5時20分~7時20分

・場 所:盛岡駅前「ミライザカ」

・会 費:4,500円 (当日徴収いたします)

 

担 当:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)盛岡市上田三丁目18-8

TEL:019-621-6108 FAX:019-621-6107 一條俊浩:ichijo@iwate-u.ac.jp  芳賀・岡田:fams@iwate-u.ac.jp

 

※詳細は、開催案内をご覧ください。

 

 

2019.11.11
岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS) 食の安全部門研修会「ルーティン手法になった今だからこそ学びたいリアルタイムPCR法」のご案内(11月28日)

I. 目 的1983年の9月のある金曜日、米国Cetus社のKary Mullisが愛車ホンダ・シビックでドライブしている時にDNAの特定領域を短時間に増やすというアイデアを思いつき、その後、日系アメリカ人のRandy SaikiによってPCR法が開発されました。その特許を購入したロシュがこの技術をウイルス診断用に応用するやPCR法は医学分野をはじめとする様々な分野で使われ、今ではなくてはならない手法になっています。21世紀に入りPCRの遺伝子増幅量をリアルタイムでモニターでき、かつ電気泳動が不要で迅速性と定量性に優れているリアルタイムPCR法が開発され、瞬く間に普及し、現在では核酸、特に病原体遺伝子の検出/定量、遺伝子診断等には欠かすことの出来ない手法になっています。

本研修会では、リアルタイムPCR法についてその原理と実際について講義と実習を行います。ルーティンの技術になった今だからこそもう一度リアルタイムPCR法について学び、家畜衛生・食品衛生、感染症分野の研究/検査業務に役立てて頂ければ幸いです。

 

II. 開催日時・場所

(1)日 時:令和元年11月28日(木) 10:30~17:15

(2)会 場:岩手大学総合教育研究棟(生命系)2階 スペースF

 

III. 募集人数:15名

 

IV. 対象者:家畜衛生、食品衛生、感染症検査、食品の品質管理に係る方

 

V. 研修日程表及び内容:添付の要項をご覧ください。

 

VI. 受講料:3,000円(資料代)

※申込受付後、郵便局の払込取扱票をお送りいたします。請求書払い(銀行振込)をご希望される場合はその旨お知らせください。

※研修会終了後に情報交換会を開催いたします。参加される方は、別途参加費(4,000円程度)が必要になります。

 

VII. 受講証書:受講者には、岩手大学農学部付属動物医学食品安全教育研究センター長が発行する受講証書を授与します。

 

VIII. 申込方法:別紙参加申込書により、下記連絡先へ電話、FAX又はメールにてお申し込みください。

申込・連絡先:

〒020-8550 盛岡市上田3-18-8

岩手大学農学部地域連携推進室 担当:芳賀・岡田

TEL:019-621-6108 FAX:019-621-6107 E-mail:fams@iwate-u.ac.jp

電話受付時間:月~金(祝祭日を除く)10:00~17:00

 

IX. 申込締切:令和元年11月25日(月)

 

主催 :岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター (FAMS)