• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員

岩手大学には農学研究科、連合農学研究科、連合獣医学研究科の3研究科からなる大学院があり、地域から世界に向けて学術研究成果を発信しています。また学部内の3つの研究センター、附属施設、関連施設と連携して実践的かつ幅広い研究を行っています。

農学研究科(修士課程)
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

岩手大学農学研究科は、農学の重点分野である生命科学と環境科学分野において、専門的な知識と高い倫理性、課外発見・解決能力などを修得することによって、最先端の科学・技術の発展に寄与できる研究者と、地域社会や国際社会に貢献できる高度専門職業人を養成することを目的としています。このような観点から、本研究科では、それぞれの分野の学修・研究に必要な専門的基礎学力と語学力、及び次のような資質・能力を有する人を求めています。

 
寒冷環境における生命科学分野の研究や生物資源の機能開発及び人間の健康に役立つ食品の利用開発に取り組み、
それらの研究成果を地域から世界に発信しようとする人
わが国の食糧自給率の向上と環境保全型農林業の発展に使命感を持ち、
農学を駆使して幸福感溢れる地域の農林業振興をライフワークにできる人
人と環境との共生、環境と経済とのバランスを探求し、国内外を問わず豊かな地域社会の構築に情熱を注ぎ込むことができる人
 
農学生命専攻

バイオサイエンスの探求とバイオテクノロジーの応用による寒冷生物資源の機能開発、栽培環境や生産技術の改善による食料生産への寄与、流通や経営、安全な農作業、資源循環技術を包括した生物産業の創出・発展に関する教育研究を行います。

寒冷生物資源の機能開発など、農学・生命科学分野で活躍できる創造性豊かな研究者を目指します。
食料生産、流通、経営など広範な生物関連産業分野で活躍できる高度専門職業人を目指します。

【研究テーマ一例】
オゾン水が野菜の生育に及ぼす影響/ハイブッシュブルーベリーにおける夏秋季の開花、結実特性に関する研究/青果物の混載輸送を想定したエチレン分解処理とそれが青果物の品質に与える影響/異なるMg源・P源の添加が家畜排せつ物堆肥化時のMAP生成に及ぼす影響/イネ晩生変異体を用いた開花分子メカニズムに関する研究

 
応用生物化学専攻

微生物から動植物に至る生命現象、それらの生存環境である生態系システム、食品素材の特性やその機能を化学的に解明し、生物機能の解析、生物圏における物質循環、食品の加工技術の開発、疾患予防に向けた栄養や生物資源の健康機能の解明に関わる教育研究を行います。

高付加価値機能性食品の開発分野などで活躍できる創造性豊かな研究者を目指します。
生物関連産業・薬品化学系などの分野で活躍できる高度専門職業人を目指します。

【研究テーマ一例】
津波被害を受けた陸前高田市農地の営農再開と鶏糞・フェザーミールの利用/ミャンマー産琥珀由来のCa2+シグナル伝達阻害物質の単離精製とGC-MSによる成分分析/低分子化バオバブポリフェノールの健康機能性/琥珀由来のCa2+シグナル伝達阻害物質と琥珀抽出物のRBL-2H3細胞に対する作用/岩手県沿岸部の津波被災農地における土壌の地力回復の方策について

 
共生環境専攻

農山村地域に関わる諸問題、すなわち地域資源の適切な利用と管理、野生動物・生態系の保護管理、森林の環境保全機能の解明や木質バイオマスをはじめとする森林資源の有効活用、近未来に予想される世界的な食料危機への対策と直結する農業の生産基盤とそれを支える農村地域の活性化などを対象とした教育研究を行います。

農山村地域を中心とした生産活動において人と自然の共生に関する創造的課題に取り組み解決できる能力を有する研究者を目指します。
持続可能な地域社会の実現に貢献できる高度専門職業人を目指します。

【研究テーマ一例】
津波被害を受けた陸前高田市農地の営農再開と鶏糞・フェザーミールの利用/ミャンマー産琥珀由来のCa2+シグナル伝達阻害物質の単離精製とGC-MSによる成分分析/低分子化バオバブポリフェノールの健康機能性/琥珀由来のCa2+シグナル伝達阻害物質と琥珀抽出物のRBL-2H3細胞に対する作用/岩手県沿岸部の津波被災農地における土壌の地力回復の方策について

 
動物科学専攻

人と動物が共生する心豊かな地域社会の創造を目指し、産業動物、実験動物から野生動物に至る様々な動物を対象に、人と動物の関わりや自然環境などに配慮しながら、効率的な動物産業の発展と、動物生命科学を追求する教育研究を行います。

動物科学領域に関する広い視野を持った独創性豊かな研究者を目指します。
農・食・環境問題を総合的に解決できる社会の実現に貢献できる高度専門職業人を目指します。

【研究テーマ一例】
ニワトリにおける糖化バリンの血中半減期と抗酸化機能/ヒツジ白血球機能に及ぼすミミズ由来粗抽出物の影響/ウシ胚におけるGLIS1およびZSCAN4の機能に関する研究/果汁および浸漬液のpHが日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響

 
バイオフロンティア専攻

寒冷環境における様々の生物に見られる生命活動に興味を有する学生を対象に、最先端のバイオサイエンス及びバイオテクノロジーに関する様々の生命現象の結合的学習を通して、生物生産から人類の生活の質(Quality of Life)の向上及び人類と生物の共生について理解を深めることのできる教育研究を行います。

バイオサイエンス分野で国際的に活躍できる研究者を目指します。
製薬・食品関連企業において問題解決能力を有する高度専門職業人を目指します。

【研究テーマ一例】
頚曲がり発症鶏群における脊髄病変の病理学的検索/病原未確認果樹ウイルス性病害の病原解析システムに関する研究/家蚕染色体突然変異系統における転座部位特定/シロツメクサ多葉性変異株と複葉関連遺伝子の解析/エステラーゼ遺伝子W14/15の変異に基づくリンドウの分類と系統地理学的研究/シロイヌナズナの低温馴化および脱馴化過程におけるショットガンプロテオミクス/植物ウイルスの花粉伝染の解析

 
 
進路

平成26年度 卒業生の進路実績

農学生命専攻

【進学】岩手大学大学院連合農学研究科(博士課程)

【民間企業】東京青果(株)、(独)農業・食品産業技術総合研究機構、ネッツトヨタ盛岡(株)、材樫石灰工業(株)、タキイ種苗(株)

 
応用生物化学専攻

【公務員】千葉県公立学校教員

【民間企業】積水メディカル(株)、住商アグリビジネス(株)、エスフーズ(株)、一般財団法人日本食品分析センター、一般社団法人日本海事検定協会、全国農業協同組合連合会

 
共生環境専攻

【公務員】仙台法務局、林野庁、盛岡市、津別町

【民間企業】(株)エイト日本技術開発、(株)星野リゾート、一関地方森林組合、岩手県森林設備協同組合

 
動物科学専攻

【公務員】農林水産省、農林水産省動物検疫所

【民間企業】クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(株)、プライフーズ(株)

 
バイオフロンティア専攻

【進学】岩手大学大学院連合農学研究科(博士課程)

【公務員】陸上自衛隊

【民間企業】東本旅客鉄道(株)、日本農業(株)、一般社団法人材料科学技術振興財団、イートアンド(株)、理研ビタミン(株)、(株)メニコン、(株)トーホク、(有)バブコック・スワイン・ジャパン

 
 
連合農学研究科(博士課程)
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

寒冷圏農学分野に高い関心と豊かな知識を持つ教育者、研究者、技術者をようせいすることにより、我が国の学術研究の進歩と関連産業並びに社会の発展に寄与し、国際的に通用する専門性と技術及び課題探求能力を備えると共に、広い視野とバランス感覚に優れた専門家を養成することを目的としていて、次のような大学院生(博士課程)を求めています。入学者選抜では、研究成果と研究計画のプレゼンーション及び面接試験を通じて、研究立案力、論理的思考力、表現力、自然科学分野の基礎知識が評価されます。

 
地球規模での環境問題と食糧問題、生命と生物資源に深い関心を持ち、広い視野でものごとを考えようとする人
確かな問題意識を持ち、独創的な考え方ができ、実行力と忍耐力を持った人
 
研究科概要
寒冷圏における生物学的研究を基盤とし、生物生産科学などに関する先端的研究を推進

本研究科では、岩手大学と山形大学の大学院農学研究科、弘前大学大学院農学生命科学研究科、及び帯広畜産大学大学院畜産学研究科の教員組織、研究設備及び施設の連合により設立されました。標準修了年限3年の博士課程の研究科です。寒冷圏における生物学的研究を基盤とし、生物生産科学、生物資源科学、寒冷圏生命システム学、生物環境科学に関する先端的・学際的な諸研究を推進しています。

生物生産科学専攻

農業生物を含む生物資源の生理・生態・遺伝子資源としての評価等の基礎研究及び新しい生物生産技術の開発や病害虫や土壌などの生産環境制御に関する研究教育を行います。

寒冷圏生命システム学専攻

寒冷圏に生息する生物の温度(熱)環境に体する生命システムの応答分子機構について、モデル生物を用いた解析を含め、生物学と工学を横断した研究教育を行います。

 
生物資源科学専攻

農業生物を含む生物資源の生物機能、遺伝に関する基礎研究と、その機能の利用や遺伝的改良技術の開発などの研究教育を行います。

生物環境科学専攻

農林生物を含む生物資源の生産・保全に関する環境要因や、その作用機構に関する基礎研究、それらの要因制御の方法の開発に関する研究教育などを行います。

 
 
 
連合獣医学研究科(博士課程)
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

本研究科は、獣医学とそれに関連する諸科学を基盤に、人と動物の生命活動の探求を通じて、自然、人、動物が調和して繁栄できる社会の創造に貢献できる研究者や高度専門技術者の育成を教育理念とします。学部教育で培われた基礎知識と応用能力を有する獣医学卒業生、他教育課程を終えた修士修了生、また、高度な技術や科学の取得の習得を希望する外国人留学生を積極的に受け入れます。

 
獣医学を通じて社会貢献に意欲を有する人
獣医学やそれに関連した諸科学に関して研究心を有する人
獣医学やそれに関連した分野で技術の向上に意欲のある人
獣医学を基盤に、国際貢献に意欲のある人
獣医学に関連した諸学問に興味があり、自らの専門性を追求したい人
 
研究科概要
4大学各々の特色を活用、多彩な教育研究の展開をはかります

獣医学課程あるいは獣医学科を有する帯広畜産大学、岩手大学、東京農工大学、及び岐阜大学の4国立大学法人が連携して設置する標準修業年限4年の獣医学に関する大学院博士課程で、平成2年に岐阜大学に設置されました。4大学各々の特色を十分に活用し、多彩な教育研究の展開をはかるもので、1専攻4連合講座が置かれています。別個の独立した研究科で、4大学の密接な協力・連携のもとに運営されています。

連合講座の内容

基礎獣医学連合講座  応用獣医学連合講座  病態獣医学連合講座  臨床獣医学連合講座