• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員

岩手大学の農学関連の大学院は総合科学研究科 農学専攻、総合科学研究科 地域創生専攻、連合農学研究科の他、新たに獣医学研究科も再編し、地域から世界に向けて学術研究成果を発信していきます。また学部内の3つの研究センター、附属施設、関連施設と連携して実践的かつ幅広い研究を行っています。

進学のイメージ
総合科学研究科について
「文理の枠を超えた幅広い視野を持って新たな価値を創造する人材の育成」の実現に向け、研究科全体を統合

これまでの学部研究科の枠を超えた復興活動の実績や、全学部・研究科が1キャンパスに位置する総合大学という本学の特徴を踏まえ、修士課程総体としての人材育成機能の向上・充実を目指し、2017年4月、大学院修士課程と博士前期課程のすべての研究科を統合し、総合科学研究科(修士課程)を設置しました。

【コース】
地域創生専攻/総合文化学専攻/理工学専攻/農学専攻

【特色】
①震災復興・地域創生、イノベーション、グローバルの3カテゴリーからなる総合科学科目群(共通科目)を開設。学生は、3つのカテゴリーすべてから授業科目の履修が必要。
②全ての専攻において、研究指導は、主任指導教員(専攻内)と副指導教員2名(1名は他分野の教員)による複数指導体制。

総合科学研究科 農学専攻(修士課程)
豊かな岩手の地で世界と地域の課題解決に貢献する人材を目指す

岩手大学 総合科学研究科 農学専攻では、植物、生物資源、動物をキーワードに集約・強化した3つのコースを設置し、農学分野における急速なグローバル化に伴う課題および東日本大震災からの復旧・復興のための応用技術、また東北地方の豊かな地域資源の活用などのローカルな課題の解決に貢献できる人材を養成します。農学・生命科学、特に寒冷地農学の教育・研究を深化させ、得られた成果を国の内外に広く発信することを目指しています。

【特色】
①植物、生物資源、動物をキーワードとし、生物学的、化学的手法に基づき教育研究分野をそれぞれ植物生命科学コース、応用生物化学コース、動物科学コースに集約して強化。これにより2016年度改組の農学部と一貫性ある教育プログラムを実施できます。
②専攻共通科目の「次世代農学特論」を必修で新設。「次世代農学特論」では農学の先端的理論や技術に関する授業のみならず、農業経済、農業経営の視点からの授業も行い、農学分野で広く活躍するための能力を養成します。
③アカデミック英語を必修化して英語教育を強化。これにより、国の内外の研究者との交流・連携強化を目指します。
④いずれのコースも学生の自主性によって将来、高度専門職業人を目指す高度専門教育重点科目群か研究者を目指す教育研究重点科目群を選択できます。

【養成する人材像】
農学・生命科学、特に寒冷地農学の教育研究の深化により農学分野においてイノベーションを興すために必要な素養を身につけた高度専門職業人や研究者

植物生命科学コース
分子からフィールドまで
幅広い科学的視野で農業を見つめる

高品質で安全な作物、果物、花などの栽培には、より良い品種を育種する事は勿論、植物が生きてゆくための分子メカニズム、気象変動や環境に対する応答、ウイルスや昆虫とのせめぎ合いなどを科学の視点から明らかにすることが必要です。植物生命科学コースは、農業に必要なこうした科学知見に加え、植物、ウイルス、昆虫がもつ能力を利用した次世代生産技術を利用する知識や技術を学ぶコースです。分子からフィールドまで幅広い科学的視野を持った園芸、植物病理、作物、昆虫、植物育種、植物生理、持続型農業生産の各分野を扱います。

応用生物化学コース
生物の生命現象や生態系システムを
「化学的」な側面から解明

微生物から動植物までと全ての生物をターゲットとした生命現象や、生物の生存環境である生態系システム、生物が作り出す物質や食品素材の特性や機能を、主に「化学的」な側面から解明することを目指します。無機化学、有機化学や生物化学を基盤とし、生物圏における物質循環、先端的な技術を用いた微生物・動植物の生物機能の解析、食品の物理・化学的な特性解析と加工技術の開発、疾患予防に向けた栄養や生物資源の健康機能の解明に関わる高度に専門的な知識と実験技術を学ぶことができます。

動物科学コース
ヒトと動物が共生する
豊かな社会の実現を目指す

産業動物・実験動物・展示動物・野生動物などを対象として、動物科学及び生命科学全般に関する基礎的・応用的研究を行います。具体的には、動物の生理、生態、栄養、遺伝、繁殖、行動及び動物性食品等に関わる高度な専門知識を学びます。動物科学で扱う動物は、反芻動物やニワトリなどの産業動物、野生動物、展示動物、実験動物と多岐に渡っています。それぞれの動物の特徴を生かした研究ができます。

総合科学研究科 地域創生専攻(修士課程)
震災復興の経験・実績を活かし、高度な専門知識と俯瞰的な視野を有し、地域創生を先導する人材を育成

東日本大震災からの復興の取組実績を活かせる分野や地域課題により直接的に関係する分野で構成されており(地域創生に不可欠な「なりわい/安全安心/暮らし」の3本柱による、3コース編成)、長期的視点に立った地域の活性化を担う人材育成を行う分野横断型の新専攻です。修士レベルの専門性に加え、総合的な視野や地域創生を先導する能力を育成するための専攻共通科目を配置しています(地域インターンシップや短期海外研修の必修化)。農学分野では高度農林業の他、水産業革新プログラムが新設され、震災で壊滅的な被害を受けた三陸沿岸の水産業の6次産業化を先導する「水産プロモーター」の育成を目指しています。

地域産業コース(なりわい)

地域産業高度化に基づく自律的な地域経済創生の担い手として活躍できる人材の育成
高度農林業  水産業革新  金型・鋳造  地域経済総合

地域・コミュティデザインコース(安全・安心)

地域・コミュニティ・まちづくりに係る諸問題を総合的に把握・分析し、地域の再生・創生に先導的な役割を果たすことができる人材の育成
地域マネジメント  防災・まちづくり  社会基盤・環境工学

人間健康科学コース(人間健康)

地域の社会集団に所属する地域住民の、社会的な側面と個人的な側面を総合的に理解し、地域の活性化に取り組むことのできる人材の育成
行動科学  臨床心理学  スポーツ健康科学

連合農学研究科(博士課程)
寒冷圏における生物学的研究を基盤とし、生物生産科学などに関する先端的研究を推進

本研究科では、岩手大学と山形大学大学院農学研究科、及び弘前大学大学院農学生命科学研究科の教員組織、研究設備及び施設の連合により設立されています。標準修了年限3年の博士課程の研究科です。寒冷圏における生物学的研究を基盤とし、生物生産科学、生物資源科学、地域環境創生学に関する先端的・学際的な諸研究を推進しています。

【コース】
生物生産科学専攻/生物資源科学専攻/地域環境創生学専攻

【平成30年再編】獣医学研究科(博士課程)
岩手大学と東京農工大学の共同大学院。
4つのセンター及び連携機関と協力し、教育研究において更なる相乗効果の創出を目指す

岩手大学と東京農工大学で掲げた共同獣医学科の教育理念「人類と動物の健康と福祉に貢献する」を更に深化し、東日本における高度教育研究拠点として成長していくために、学部教育と大学院教育を連接した段階的・体系的な教育、さらに新たな共同カリキュラムを組み込んだ獣医学分野における研究者及び高度専門職業人育成のための大学院教育組織の構築を目指し、設置されました。岐阜大学連合獣医学研究科の実績を踏まえ、新たなステップである共同大学院として再編、地域が抱える専門性の高い社会的要求に応える獣医学博士を育成します。共同獣医学専攻の設置により、首都圏及び東北地域を中心とした東日本エリアにおける食品の生産と消費、安全安心、公衆衛生の面で地域社会に貢献し、創薬分野など新たな人材需要にも対応していきます。

【養成する人材像】
①獣医学の基盤を担う動物基礎医学に関する高度な専門知識と研究能力を備えた人材
②動物衛生及び公衆衛生に関する高度な専門知識と研究能力を備えた人材
③産業動物及び伴侶動物の獣医療に関する高度な専門知識と研究能力を備えた人材

【教育課程の特色】
教育理念に基づき、指導体制を3つの大講座(動物基礎医学講座、獣医衛生科学講座及び獣医臨床学講座)に集約し、高度な獣医学を実施する組織体制を踏まえたカリキュラムを提供
主指導教員及び副指導教員2名の3名による指導体制により、きめ細やかな研究指導を実施

【カリキュラムの特色】
①連合大学院で培ってきたノウハウを活かし、両大学の強みを組み込んだ5つの科目群を設け、体系的な科目履修が可能
②両大学が有する4つのセンターを軸とした両大学の強みを特徴づける獣医学学際科目を開講
③両大学の立地環境を活かして国や地方の研究機関との連携により先端実施科目を開講