• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
資料請求

 共同獣医学科

【定員30名/6年制/コースなし】

  • Biological Chemistry
  • Biological Chemistry
  • Biological Chemistry
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

共同獣医学科は、獣医師は人類と動物の健康と福祉に貢献するという理念に基づき、高度獣医療の提供、人類の健康と食の安全、生命科学研究の発展に活躍できる国際的な視野を持つ人材を育成します。

入学者に求める資質(求める学生像)
(知識・技能・理解・思考力・判断力・表現力)

  • 獣医学を学ぶに相応しい基礎学力を有する人
  • 動物の生命現象と病態に関する課題を探求し、グローバルな視野から論理的に解決する思考力を有する人
    (関心・意欲・態度・主体性・協働性)
  • 動物の生命現象と病態に関心を持ち、それを継続して探求しようとする意欲のある人
  • 自己を啓発し実行力に優れ、獣医学の発展ならびに社会に貢献しようとする意欲のある人
  • 獣医師として、国際的な交流・協力を推進し、世界に学び世界に貢献しようとする意欲のある人
学科概要
東京農工大学と連携
高度獣医療を実践するために広範な知識と技術を教育

平成24年度より東京農工大学と共同獣医学科を設置し、基礎、病態、応用、伴侶動物および産業動物臨床獣医学の5分野体制による広範な知識と技術を体系的に教育します。
東京農工大学農学部共同獣医学科と大学間共同教育システムの活用による国際基準の教育およびグローバルに活躍できる獣医師の育成を行うとともに、東北地方という畜産拠点に存在する大学として食の安全確保に寄与する産業動物臨床及び家畜衛生・公衆衛生獣医師の育成、そして人と動物の健康と福祉に貢献する伴侶動物獣医師の育成を行います。

1

東京農工大学との共同獣医学科を通して
獣医師の広い職域に対応した幅広い知識を学ぶ

岩手大学と東京農工大学のさまざまな専門知識を持った教員が協力して教育を行うことで、小動物臨床、産業動物臨床、動物衛生分野および野生動物の保全など、獣医師の幅広い職域、活躍の場に対応した深い知識をもった獣医師を育成しています。

2

実際の獣医師の職場を利用した教育で
獣医師として必要な技術・態度を磨く

大学附属の動物病院を活用した臨床実習や、農業共済組合など産業動物臨床の現場ならびに各地の家畜保健衛生所など公衆衛生分野の現場と連携して、現場での生きた実践教育を行い、即戦力となり得る高い技術・適正な態度を身につけた獣医師を育成しています。

3

専門性を持った研究室に所属することにより
希望する職業に合わせた、より高度な技術・知識を学ぶことができる

獣医師の職域は多岐にわたっており、必要とされる技術・知識が異なってきますが、将来に希望する進路に合わせて専門性を持った研究室に所属し、診療活動や研究活動に参加することで、将来に向けてより高度な技術・知識を身につけることが出来ます。

カリキュラム

※2021年度(令和3年度)入学生のカリキュラムです

  • 科目紹介
    公衆衛生実践実習 〈3年前期~5年後期〉

    動物医療に直接従事する以外に、獣医師は非常に多くの分野で活躍し社会的意義を果たしています。本実習では、厚生労働省、農林水産省、国立研究所、食肉衛生検査所、動物衛生研究所などで短期の研修を受け、多岐にわたる獣医師の活動とその役割を体感します。

  • 総合参加型臨床実習 〈5年前期~6年前期〉

    岩手大学および東京農工大学においてそれぞれの地域性、専門性を生かして産業動物および伴侶動物獣医療に関する実践教育を行います。受講学生は担当獣医師とともに実際に診療に参加して直接動物と接しながら基礎的臨床技術を習得することが可能となります。

卒業研究テーマ例 2019年度(令和元年度)の研究テーマです。
  • 牛白血病ウイルス(BLV)感染牛由来B細胞におけるmiRNA発現解析およびBLV Tax233番目推定アミノ酸ハイスループット解析法に関する研究
  • ウマおよびシカ寄生Sarcocystis属の腸管病原性解析
  • ゲノム編集によるCant1欠損マウスの作製とDesbuquois骨異形成症モデル動物としての評価
  • The prevalence of pathogens causing acarapiosis, varroosis and nosemosis in honeybees, Apis cerana japonica and Apis mellifera in the Tohoku region, Japan
  • 牛白血病ウイルスの遺伝子発現機構におけるAS1遺伝子に関する研究
学科全体で仲が良く温かい雰囲気が強みです

小動物から産業動物と幅広い分野の勉強ができます。実習の機会が多く、動物に触れながら学べることでより深い理解につながるところも魅力的です。また先輩・後輩の仲が良く先輩方からのアドバイスはとても心強い味方となってくれます。学科全体で仲が良くお互いに刺激を受けながら楽しんで勉強に取り組むことができます。ぜひ共同獣医学科で充実した学生生活を送ってください。

照喜名弘樹(てるきなひろき)さん
〈立命館高等学校出身〉
小動物、大動物、野生動物の全てを偏らず学べる大学

獣医と聞くと動物病院の印象が強いですが畜産や動物園の展示動物、野生動物など様々な場所で活躍しています。岩手大学ではそれらのどの分野にも偏らず1年生の時から牛の分娩実習や病院のオペの見学など、様々な分野への道が開けています。またサークルや部活と両立する人が多く、他学科の人や社会人と知り合えるので広い世界を体験でき獣医になる上で必要な幅広い視野を持てます。ぜひ学生生活を楽しんでください。

鍋野由莉香(なべのゆりか)さん
〈東京都立日比谷高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

臨床獣医師 家畜衛生獣医師  公衆衛生獣医師 民間企業獣医師 大学院進学

【取得可能な資格等】

獣医師、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、環境衛生監視員(任用資格)、飼料製造管理者、普及指導員(受験
資格)

2019年度(令和元年度) 卒業生の進路実績
進路

【進学】岩手大学大学院

【公務員】群馬県、農林水産省、東京都、福島市、浜松市、北海道、島根県、愛媛県、山形県、宮城県、群馬県

【民間企業】(独)家畜改良センター、アセンズ動物病院、地方競馬全国協会、フレンズ動物病院、あかね動物病院、(一社)家畜改良事業団、宮城県農業共済組合、(同)よつや動物病院、北の杜動物病院、(有)サワムラベッツ 沢村獣医科病院、三菱商事マシナリ(株)、北海道農業共済組合連合会、北興化学工業(株)、アルプス動物病院、たろう動物病院、岩手県農業共済組合、(地独)北海道立総合研究機構、犬猫専門病院 ガルファー、東京大学附属動物医療センター、北海道中央農業共済組合、(有)いぐさ動物病院