• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

共同獣医学科は、獣医師は人類と動物の健康と福祉に貢献するという理念に基づき、高度獣医療の提供、人類の健康と食の安全、生命科学研究の発展に活躍できる国際的な視野を持つ人材を育成します。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を国内外から求めています。

  • 獣医師としての目標を持ち、獣医学の発展に貢献しようとする意欲
  • 自然や生命現象に関心を持ち、それを探求しようとする意欲
  • 獣医師として、国際的な交流・協力を推進し、世界に学び世界に貢献しようとする意欲
  • 常に自己を啓発し、実行力に優れ、社会で貢献しようとする意欲
  • 獣医学を学ぶに相応しい基礎学力を持ち、課題を探求し、問題を解決する意欲
学科概要
東京農工大学と連携
高度獣医療を実践するために広範な知識と技術を教育

平成24年度より東京農工大学と共同獣医学科を設置し、基礎、病態、応用、伴侶動物および産業動物臨床獣医学の5分野体制による広範な知識と技術を体系的に教育します。
東京農工大学農学部共同獣医学科と大学間共同教育システムの活用による国際基準の教育およびグローバルに活躍できる獣医師の育成を行うとともに、東北地方という畜産拠点に存在する大学として食の安全確保に寄与する産業動物臨床及び家畜衛生・公衆衛生獣医師の育成、そして人と動物の健康と福祉に貢献する伴侶動物獣医師の育成を行います。

1

東京農工大学との共同獣医学科を通して
獣医師の広い職域に対応した幅広い知識を学ぶ

岩手大学と東京農工大学のさまざまな専門知識を持った教員が協力して教育を行うことで、小動物臨床、産業動物臨床、動物衛生分野および野生動物の保全など、獣医師の幅広い職域、活躍の場に対応した深い知識をもった獣医師を育成しています。

2

実際の獣医師の職場を利用した教育で
獣医師として必要な技術・態度を磨く

大学附属の動物病院を活用した臨床実習や、農業共済組合など産業動物臨床の現場ならびに各地の家畜保健衛生所など公衆衛生分野の現場と連携して、現場での生きた実践教育を行い、即戦力となり得る高い技術・適正な態度を身につけた獣医師を育成しています。

3

専門性を持った研究室に所属することにより
希望する職業に合わせた、より高度な技術・知識を学ぶことができる

獣医師の職域は多岐にわたっており、必要とされる技術・知識が異なってきますが、将来に希望する進路に合わせて専門性を持った研究室に所属し、診療活動や研究活動に参加することで、将来に向けてより高度な技術・知識を身につけることが出来ます。

カリキュラム
  • 科目紹介
    公衆衛生実践実習 〈3年前期~5年後期〉

    動物医療に直接従事する以外に、獣医師は非常に多くの分野で活躍し社会的意義を果たしています。本実習では、厚生労働省、農林水産省、国立研究所、食肉衛生検査所、動物衛生研究所などで短期の研修を受け、多岐にわたる獣医師の活動とその役割を体感します。

  • 総合参加型臨床実習 〈5年前期~6年前期〉

    岩手大学および東京農工大学においてそれぞれの地域性、専門性を生かして産業動物および伴侶動物獣医療に関する実践教育を行います。受講学生は担当獣医師とともに実際に診療に参加して直接動物と接しながら基礎的臨床技術を習得することが可能となります。

  • 人獣共通感染症学 〈3年後期〉

    脊椎動物と人との間で相互に感染を起こす疾病について、原因病原体の特徴や伝播様式、人や動物での症状、発生の地理的分布、制御法、社会的影響などを学習します。

卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度獣医学課程卒業生の研究テーマです。
  • 鶏病原性大腸菌の病原性遺伝子と病原性との関連性
  • モデル細胞を用いたウェルシュ菌新型下痢毒素の障害性の解析
  • Tgfb1遺伝子のLAPドメインコード領域に変異を持つマウスの同定
  • ウシ末梢血白血球に発現する妊娠応答遺伝子の探索と発現調節機構の検証
  • 北日本のコウモリから検出されたSARS関連コロナウイルス遺伝子の解析
  • 赤外線サーモグラフィによる鶏の体温測定に関する基礎的研究
  • RNase Pを内部標準として用いたBLVプロウイルス定量法の構築
  • アカハライモリの嗅上皮におけるVillin抗体陽性細胞に関する研究
  • ネコの腎臓における肝臓型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)の発現と腎障害との関連性
  • 北海道におけるエゾシカおよび家畜ウシ由来肝蛭の遺伝的特徴
他学年とのつながりやレクリエーションも楽しんでいます

本大学の共同獣医学科は、小動物と大動物、どちらの実習も充実している点が特徴です。私は大学に入学するまで、牛を見たり触ったりしたことはありませんでしたが、実習を通して牛たちやその牛を飼っている人々に触れ、とても魅力的な分野だと感じました。普段の生活面では、同学年だけでなく、他学年の先輩や後輩とのつながりが強いのも特徴です。毎年お花見やスポーツ大会が開催されており、勉強の息抜きになりますよ。

渡部祐未さん
獣医学課程(現:共同獣医学科)
〈遺愛女子高等学校出身〉
豊かな自然環境の中で、多様な生き物を観察できます

岩手大学の特徴といえば、やはり豊かな自然環境だと思います。大学の中だけでもかなりの種類の生き物を見ることができるので、生き物に興味のある方にとっては願っても無い環境ではないでしょうか。例を挙げればきりがありませんが、昼間、食堂の前の木にフクロウが留まっていたときは流石に驚きました。都会の大学では、絶対に見られない光景ですね。

渡邊拓也さん
獣医学課程(現:共同獣医学科)
〈銚子市立銚子高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

臨床獣医師 家畜衛生獣医師  公衆衛生獣医師 民間企業獣医師 大学院進学

【取得可能な資格等】

獣医師、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、環境衛生監視員(任用資格)、飼料製造管理者、普及指導員(受験
資格)

平成26年度 卒業生の進路実績 学科再編前の卒業生の実績です。円グラフの数字は人数を示しています。

【進学】東京大学大学院、岐阜大学大学院

【公務員】農林水産省、岩手県、北海道、秋田県、埼玉県、千葉県、静岡県、新潟県、長野県、鹿児島県、沖縄県、郡山市、川崎市

【民間企業】福島県農業共済組合連合会、公益財団法人競走馬理化学研究所、JA全農いわて、日本中央競馬会、白石動物病院、オールハート動物病院、ひまわり動物病院、南が丘動物病院、(株)ACプラザ苅谷動物病院、(株)コジマ、山形県農業共済組合連合会