• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
 
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

食料生産環境学科では、農業の生産基盤の整備や生活環境の向上、農村の生態系、文化・景観の保全や災害に強い地域づくり、食を取り巻く環境の急速なグローバル化および農業就業人口の減少や高齢化に対応する食料生産技術の高度化、農産物の保存・流通、6次産業化、農業経営の高度化、さらに持続可能な水産資源の管理や漁獲・増養殖、加工技術の改良と開発、グローバルな視野に立った新たな流通体系などの科学と技術を学びます。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

 
  • 【農村地域デザイン学コース・食産業システム学コース】
  • 世界的にひっ迫する食料の供給基盤の創出と持続のための理論や応用を学ぶに相応しい基礎学力
  • 農村地域の持続的発展のために地域資源の適切な利用・管理について学ぶ意欲
  • 農村の社会的・経済的な振興と環境保全に向けて現状と課題を学ぶ意欲
  • 食料生産環境の科学的な解明や、農作業の快適化と効率化、農業廃棄物の有効利用に関する次世代にむけた理論と技術を学ぶ意欲
  • 農産物の高度な保存・流通システムを構築するための基礎理論と応用について学ぶ意欲
  • グローバル化に対応した農業経営の高度化、農業の6次産業化や農業情報の利活用について学ぶ意欲
  • 【水産システム学コース】
  • 水産資源の管理・生産、その利活用、流通・販売に関する科学を学ぶに相応しい基礎学力
  • 水産業全体を俯瞰するために必要な幅広い専門的知識を習得する意欲
学科概要
食料需給の視点から地域産業を支える人材を育成する3つのコース

食料生産環境学科は、グローバルな食料需給の視点から地域の特色ある農・水産業の持続性のある創生を担うための教育・研究を行います。広範な分野を扱うため、農村地域デザイン学コース、食産業システム学コース、そして水産システム学コースの3コース制とし、農村と食料生産基盤の建設とそれらの発展的更新、食料生産技術並びに流通システムの高度化、食産業の成長及び広範な海洋生物の生態と有益な利用方法に基づいて、岩手県の農業の成長産業化と三陸沿岸の水産システムの復興に資するため、それぞれの分野から地域的な課題について解決できる人材を育成していきます。

1

技術者としての専門性とコミュニケーション能力を身につけ、農業・農村を元気に

多くの公務員合格者を輩出してきた実績に基づいたカリキュラムを通じ、農業農村工学技術者を養成します。さらに実社会と関わるプログラムを修習することで高い専門性とコミュニケーションスキルを備えた地域を活性化する人材の養成を目指します。

2

食料・農業・環境を総合的に学び、日本農業の活性化に貢献

食をとりまく環境の高度なシステム化や次世代の農作物生産環境、6次産業化や農業経営管理などを学ぶことで、農業の成長産業化に必要なアカデミックスキルを養成し、日本農業を転換できるイノベーション力を有する技術者・研究者を育成します。

3

三陸や世界の水産業の持続的発展に貢献できる人材を育成

海洋資源管理・利用、増養殖、水産加工などの基礎的な分野から、流通、政策といった水産業に関わる社会科学的分野までを学ぶことで、全体を俯瞰できる視野を持ち、三陸水産業の復興と活性化、水産業の持続的発展に寄与できる人材を育成します。

 
 
進路・資格

【想定される進路】

農村地域デザイン学コース建設・環境系企業  農業関連団体  国家・地方公務員(農業農村工学職)

食産業システム学コース食品製造・流通・販売・農業生産資材・6次産業化関連企業  農業関連団体  国家・地方公務員(農業農村工学・農学職)

水産システム学コース水産物加工・流通関連企業  水産関連団体  国家・地方公務員(水産職)

共通大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、測量士補(申請資格)、普及指導員(受験資格)、造園施工管理技士(1級・2級)(申請資格)、
ビオトープ管理士(申請資格)、土木施工管理技士(1級・2級)(申請資格)、環境再生医

 
平成26年度 卒業生の進路実績 学科再編前の卒業生の実績です。円グラフの数字は人数を示しています。

【進学】岩手大学大学院

【公務員】農林水産省、仙台国税局、東北管区行政評価局、岩手県、北海道、青森県、秋田県、宮城県、盛岡市、青森市、下郷町、冨屋町、高畠町

【民間企業】(株)三田商店、(株)一測設計、(株)星野リゾート・マネジメント、日本コープ共済生活協同組合連合会、いであ(株)、(株)ケイシイシイ、ディーコープ(株)、一富士フードサービス(株)、グラントマト(株)、全国農業協同組合連合会宮城県本部、JA東日本くみあい飼料(株)、(株)シジシージャパン、みやぎ仙南農業協同組合、(株)丸山製作所、全日本食品(株)、(株)北日本銀行、メフレ(株)、岩手県土地改良事業団体連合会、JA全農ミートフーズ(株)、JA全農青果センター(株)、東北エンジニアリング(株)、東日本電信電話(株)、第一建設工業(株)、宮城建設(株)

【自営業】農業

コース紹介
 

人口減少時代に入り、農村地域の持つ食料生産機能のみならず、地域社会の存続も危ぶまれています。本コースでは、農村地域の食料生産機能維持・発展に加え、社会的経済的な振興、固有の生態系・文化・景観の保存を支える人材の育成を行います。

 
カリキュラム
科目紹介
水資源論 〈2年前期〉

河川水などの水資源の特性と、利用と制御にあたっての問題点を理解し、水資源の計画・設計、浄化方法を含めた水環境保全の方法を学習します。講義を中心に、一部については内容の理解を深めるために演習を行います。

 
卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度共生環境課程、農学生命課程卒業生の研究テーマです。
  • 劣化による施設材料の力学定数及び弾性波特性の変化
  • コンテンツツーリズムによる観光振興効果の持続性の検討-朝の連続テレビ小説「あまちゃん」を事例として-
  • 岩手県住田町における薪利用の実態
  • なぜ若者は震災被災地域へ移住するのか-岩手県陸前高田市・大船渡市を事例として-
  • 大規模不法投棄現場の水質調査及びハロゲンの存在形態がイネの成長へ及ぼす影響
 
少人数で雰囲気のよい講義が魅力です

私たちが学んでいる農村地域デザイン学コースでは、農村環境を守りながら農業農村整備事業を行うために必要な知識を、講義や実験を通して学んでいます。人数がそれほど多くないので、先生との距離も近く、講義の雰囲気もとても良いです。

 
伊藤日南さん
共生環境課程 農村環境デザイン学コース(現:食料生産環境学科)
〈秋田県立秋田南高等学校出身〉
 
 
 

「農業生産」「未利用資源利用」「保存・流通」の各システムに加え、農業経営の管理・農業経済の分析方法、ICT技術を応用した農業情報システムと、農業の6次産業化に関する科学と技術を学び、農業への多様な社会的ニーズに対応できる人材の育成を行います。

 
カリキュラム
科目紹介
農産食品プロセス工学 〈3年前期〉

農産物・農産食品を製品化し、その保存や流通に必要な農産物の加工・保存技術を学びます。この講義をベースに食料・農業・エネルギーなどの地域の諸問題を技術的観点から解決できる人材の育成を図ります。

 
卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度共生環境課程、農学生命課程卒業生の研究テーマです。
  • 家族経営協定の経営改善効果
  • 切り花リンドウ追熟時のアントシアニン濃度と成熟度指標の関係
  • 果樹園用自律走行車両の開発-LSによる実樹木の認識及び走行経路設計-
  • 調理用トマトの減圧マイクロ波乾燥における抗酸化性成分の測定および食味の評価
  • 6次産業化における資源の活用と販路開拓の関係性
 
初めて出会う農業の刺激と喜びが待っています

私は農学部に入るまで、ほとんど農業に関わりのないところで過ごしてきました。そんな私にとって農業実習は農産物を育てる難しさや喜びを知ることが出来る刺激的なものでした。農業は私たちが生きていくために不可欠な産業であり多くの分野が関わっています。この学科では農業の仕組みや作物生産のための新しい技術開発などを学べます。農業に興味を持っていただけると嬉しく思います。

 
遠藤ねねさん
農学生命課程 生物産業科学コース(現:食料生産環境学科)
〈千葉県立船橋東高等学校出身〉
 
 
 

基礎的な水産知識に加え、コミュニケーション能力、グループワーク力を修得することで、沿岸地域の課題解決能力を育み、また、水産資源の最適管理・持続的利用を可能にする漁場環境論、水産業の6次産業化論などを学ぶことで、三陸復興に貢献できる人材を育成します。

 
 
漁業資源豊かな釜石キャンパスから
世界の水産業に貢献する

岩手大学は、岩手県釜石市に「三陸水産研究センター」を設置し、水産業の高度化による三陸地域の復興・活性化を目指して参りました。平成28年4月より本学初の水産系教育分野として水産システム学コースを設置することで、三陸水産研究センターが行ってきた水産研究の成果を教育に還元し、三陸水産業の復興を担う人材を育成します。
当コースの特長は、三陸の豊富な漁業資源に恵まれた環境での学習・研究が可能である点、また海洋資源、養殖、水産加工などの基礎的な知識に加え、水産流通、経済、政策等の社会科学的な水産業に関わる分野まで、水産に関する幅広い知識・経験を得ることができる点にあります。入試時点でコースが分かれているため、1年次から海洋実習等の実習が配置されており、早い段階から専門的な学習が可能です。
学生の皆さんは、入学〜3年生前期(予定)まで盛岡市上田キャンパスで学び、3年生後期に研究室配属となり、釜石キャンパスの教員の研究室に配属する場合には、釜石へ転居することとなります。そのため、2年生から3年生への進級判定を厳格に行い、学生が各所属研究室において卒業研究に集中して取り組める環境を整えます。

 
 
カリキュラム

  卒業要件単位 〈教養教育科目〉 実践知科目 1/技法知科目 12/学問知科目・実践知科目 18/選択科目 4 …計35単位
〈専門教育科目〉 必修科目 56/選択科目 35…計91単位   合計126単位

科目紹介
  • 海洋実習 〈1年・3年〉

    水産学の対象となる海というフィールドを船上から実体験します。船内各所•設備の見学、共同生活といった船内生活の基本を体験するとともに、海洋観測や水族生物の理解を深めます。

  • 水産生物学実験 〈2年前期〉

    分類学や生理学、発生学、遺伝学といった複数の分野の視点から生物の特徴を把握し、水産生物の基本を理解します。

  • 起業学実習 〈3年後期〉

    自治体、公的機関、金融機関、起業支援団体の指導で起業を企画立案、開業手続、開業資金等の資源確保を模擬的に経験する。優秀な企画は起業を実現する機会を得られる。