• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
資料請求

 応用生物化学科

【定員40名/4年制/コースなし】

  • Biological Chemistry
  • Biological Chemistry
  • Biological Chemistry
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

応用生物化学科では、生命の現象、食品素材の特性、生物圏での物質の動きを理解するための基礎知識を化学的な視点から学習するとともに、それらに関連する実験技術を修得します。これらをもとに、微生物・動物・植物資源の有効利用や生物機能の応用についても学びます。

入学者に求める資質(求める学生像)
(知識・技能・理解・思考力・判断力・表現力)

  • 生命現象の解明と応用を学ぶに相応しい基礎学力を有する人
  • 食品素材特性の解明と応用を学ぶに相応しい基礎学力を有する人
  • 生物圏での物質の動きの解明と応用を学ぶに相応しい基礎学力を有する人
    (関心・意欲・態度・主体性・協働性)
  • 微生物や酵素の高度利用について専門的知識を修得する意欲のある人
  • 健康と食品機能について専門的知識を修得する意欲のある人
  • 食料生産と生物圏の化学的な解明について専門的知識を修得する意欲のある人
学科概要
化学と分子生物学的手法を用い、生命の現象、食品の機能解明と利用、食品の加工技術開発などを研究

応用生物化学科は、化学と分子生物学的手法を用いて、微生物や動植物、食品の機能解明とその利用や、食品の加工技術開発などを教育・研究します。その内容は生物の機能解明や、それを応用した「食」に関連する領域であり、「生態系から遺伝子まで」、または「環境から食卓まで」の広い範囲を、化学と生物に関する知見を用いて社会の発展に貢献することを目指します。
本学科は今回の学部再編により、分子生物学や生化学を扱う領域を強化することで、国際的研究や社会の需要に一層応え得る学科となり、生物学と化学を活用した科学技術の修得と、卓越した基礎・応用研究を推進し、グローバルな視点と問題意識を持って活躍できる専門職業人の育成を行います。

1

「農芸化学」を母体とし、環境・食品・遺伝子などの幅広い領域をカバー。
「実学」を基本とする

日本農芸化学会(会員数約11,000名)は、かつて岩手大学(盛岡高等農林学校)でも教鞭をとり、オリザニン(ビタミンB1)を発見された鈴木梅太郎先生が設立した学会で、外国には無い日本独自の教育・研究分野です。宮澤賢治が卒業したことでも知られています。

2

応用生物化学科がターゲットとするものは「生物資源」

微生物、細胞、食材(食品)、植物、動物などあらゆる生物資源を扱い、生命・食糧・環境の「化学と生物」に関わる内容を基礎から応用まで幅広く研究します。

3

11種類の必修の実験により幅広い技術を身につけ、
社会で生かす

11種類の実験は、「基礎化学実験」、「分析化学実験」、「植物栄養学実験」、「食品化学実験」、「生化学実験」、「微生物学実験」、「化学生物学実験」、「栄養化学実験」、「食品化学工学実験」、「食品科学工学実験」、「分子生物学実験」です。

カリキュラム

※2021年度(令和3年度)入学生のカリキュラムです

  • 科目紹介
    植物ストレス応答学 〈3年後期〉

    発熱植物「ザゼンソウ」の実例を踏まえ、植物のストレス応答がどの様に起こっているのかを、代謝という全体の反応から、mRNAやタンパク質レベル、分子レベルのメカニズムへと迫ります。それにより「ストレス耐性植物」へと発展できるのです。

  • 分子生物学Ⅰ・Ⅱ 〈2年後期・3年前期〉

    分子生物学のセントラルドグマを理解し、遺伝暗号の解明、タンパク質合成機構、DNA複製機構、タンパク質発現制御などの基礎的生命現象に関して分子レベルで説明します。細菌、細胞、植物、動物全ての分子レベルの理解に関わります。

  • 遺伝子工学 〈3年前期〉

    遺伝子工学の発展で、有用タンパク質のデザインと生産、有用生物の改変が実用化され、遺伝子診断で人の病気や才能、作物と家畜の品種・産地推定も可能となってきました。本科目は遺伝子工学の基本原理と応用、その技術を用いるための倫理、法律について学びます。

  • 産業微生物学 〈3年後期〉

    微生物の産業利用(清酒、バイオ燃料、アミノ酸、抗生物質、酵素、環境浄化など)について、用いられる微生物と具体的利用方法について説明し、微生物を新規産業に利用するために必要な能力をかん養します。

卒業研究テーマ例 2019年度(令和元年度)の研究テーマです。
  • 低タンパク質食による脂肪肝形成に対する小麦グルテン食の影響
  • HT22細胞におけるカルパイン依存性アポトーシス機構の検証
  • ネコにマタタビ反応を誘起する神経系の解明
  • 浄法寺生漆に含まれるHSET過剰発現分裂酵母株に作用する生物活性物質と構造活性相関
  • 光化学系I反応中心クロロフィルP700の測定によるイネのストレス検出に向けた試み
  • エチレングリコールを原料とした有用有機酸の微生物合成に関する研究
  • 森林の堆積腐植層の物理的撹乱が微生物バイオマスに保持されたCsに及ぼす影響
  • シロツメクサにおける複葉形成関連遺伝子の機能解析
  • タンパク質膜挿入・透過に関与する糖脂質酵素MPIaseの生合成因子の探索
  • 低糖質スポンジケーキを調製するためのショ糖代替素材の配合検討
  • ザゼンソウの熱産生組織における遺伝子発現プロファイリング
  • 韓国ツルマメコレクションにおける種子イソフラボン含量変異系統の探索
食品機能成分による生活習慣病の改善に向けて、日々研究に励んでいます

栄養化学研究室では、生活習慣病である糖尿病や脂質異常症などの予防・軽減に向け、実験動物や培養細胞を用いて研究を行っています。ここで私は、骨格筋量の減少について研究をしています。一部の筋萎縮時では酸化ストレスの上昇が報告されており、食品の抗酸化物質による抑制効果が示されています。しかし、食品成分による内因的な抗酸化機能の増強が有効かは明確ではないため、その作用機序の解明を目標としています。将来的に人の役に立つような成果を目指して、先輩方の研究を参考にしながら日々研究に励んでいます。

山木大輔(やまきだいすけ)さん
〈山形県立米沢興譲館高等学校出身〉
日本人の主食である米の種子ができる仕組みを、遺伝子工学の観点から研究する

私は、イネの種子のサイズや形質を決定している遺伝子について研究しています。研究ではゲノム編集技術によりターゲット遺伝子の変異体を作出し、通常のイネ種子と比較して種子のサイズや形状がどう変化するかに着目します。このような遺伝子の働きが解明されるとイネの種子サイズの決定や収量のコントロール、冷害や地球温暖化による種子の生育障害を防ぐことが可能になり、より安定した米の生産に貢献できると期待されます。「食」に関わる研究をしたいと考えていた私にとって、日本人の主食である米の研究は興味深く、毎日が充実しています。

川邊美穂(かわなべみほ)さん
〈秋田県立秋田南高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

食品・医薬品・肥料・農業・バイオ産業・環境分析関連企業  国家・地方公務員(化学職)  大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、環境衛生監視員、
甲種危険物取扱者(受験資格)、普及指導員(受験資格)

2019年度(令和元年度) 卒業生の進路実績
進路

【進学】岩手大学大学院

【公務員】厚生労働省、宮城県、岩手県、八戸市、青森県公立学校

【民間企業】(一社)静岡県産業環境センター、東京電力ホールディングス(株)、ホクレン農業協同組合連合会、(株)BMLフード・サイエンス、ウエルシア薬局(株)、白石食品工業(株)、(株)日本政策金融公庫、(株)パスク、(株)武蔵野フーズ、(株)中外フーズ、(株)ヤマダフーズ、ピアス(株)、(株)i-nos