• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

応用生物化学科では、生命の現象、食品素材の特性、生物圏での物質の動きを理解するための基礎知識を化学的な視点から学習するとともに、それらに関連する実験技術を習得します。これらをもとに、微生物・動物・植物資源の有効利用や生物機能の応用についても学びます。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 生命現象や食品素材特性の解明と応用を学ぶに相応しい基礎学力
  • 微生物や酵素の高度利用について専門的知識を習得する意欲
  • 健康と食品機能について専門的知識を習得する意欲
  • 食料生産と生物圏の化学的な解明について専門的知識を習得する意欲
学科概要
化学と分子生物学的手法を用い、生命の現象、食品の機能解明と利用、食品の加工技術開発などを研究

応用生物化学科は、化学と分子生物学的手法を用いて、微生物や動植物、食品の機能解明とその利用や、食品の加工技術開発などを教育・研究します。その内容は生物の機能解明や、それを応用した「食」に関連する領域であり、「生態系から遺伝子まで」、または「環境から食卓まで」の広い範囲を、化学と生物に関する知見を用いて社会の発展に貢献することを目指します。
本学科は今回の学部再編により、分子生物学や生化学を扱う領域を強化することで、国際的研究や社会の需要に一層応え得る学科となり、生物学と化学を活用した科学技術の修得と、卓越した基礎・応用研究を推進し、グローバルな視点と問題意識を持って活躍できる専門職業人の育成を行います。

1

「農芸化学」を母体とし、環境・食品・遺伝子などの幅広い領域をカバー
「実学」を基本とする

日本農芸化学会(会員数約11,000名)は、かつて岩手大学(盛岡高等農林学校)でも教鞭をとり、オリザニン(ビタミンB1)を発見された鈴木梅太郎先生が設立した学会で、外国には無い日本独自の教育・研究分野です。宮澤賢治が卒業したことでも知られています。

2

応用生物化学科がターゲットとするものは「生物資源」

微生物、細胞、食材(食品)、植物、動物などあらゆる生物資源を扱い、生命・食糧・環境の「化学と生物」に関わる内容を基礎から応用まで幅広く研究します。

3

9種類の必修の実験により幅広い技術を身につけ、
社会で生かす

9種類の実験は、「基礎化学実験」、「分析化学実験」、「植物栄養学実験」、「食品化学実験」、「生化学実験」、「微生物学実験」、「化学生物学実験」、「栄養化学実験」、「食品工学実験」です。その他に、選択として「分子生物学実験」があります。

カリキュラム
  • 科目紹介
    植物ストレス応答学 〈3年後期〉

    発熱植物「ザゼンソウ」の実例を踏まえ、植物のストレス応答がどの様に起こっているのかを、代謝という全体の反応から、mRNAやタンパク質レベル、分子レベルのメカニズムへと迫ります。それにより「ストレス耐性植物」へと発展できるのです。

  • 分子生物学Ⅰ・Ⅱ 〈2年後期・3年前期〉

    分子生物学のセントラルドグマを理解し、遺伝暗号の解明、タンパク質合成機構、DNA複製機構、タンパク質発現制御などの基礎的生命現象に関して分子レベルで説明します。細菌、細胞、植物、動物全ての分子レベルの理解に関わります。

  • 遺伝子工学 〈3年前期〉

    遺伝子工学の発展で、有用タンパク質のデザインと生産、有用生物の改変が実用化され、遺伝子診断で人の病気や才能、作物と家畜の品種・産地推定も可能となってきました。本科目は遺伝子工学の基本原理と応用、その技術を用いるための倫理、法律について学びます。

  • 産業微生物学 〈3年後期〉

    微生物の産業利用(清酒、バイオ燃料、アミノ酸、抗生物質、酵素、環境浄化など)について、用いられる微生物と具体的利用方法について説明し、微生物を新規産業に利用するために必要な能力をかん養します。

卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度応用生物化学課程卒業生の研究テーマです。
  • トリプル四重極型LC-MS/MSを用いた大豆サポニンの定量
  • Heart-cutting GCと酸化物半導体センサーを組み合わせたオミッションテストの開発
  • EMS処理大豆における Triterpenoid saponins 合成遺伝子変異の探索
  • 黒ボク土に含まれる未利用リン画分の草本植物による回収の可能性
  • テトラオキサン化合物の遺伝子変異酵母(rad9Δ cdc2-1)株とがん細胞に対する活性
  • ミトコンドリアにおける分子シャペロンERp57結合タンパク質の探索
  • 米粉-強力小麦粉-グルテンパンの理化学的特性に及ぼす米粉の粒子径分布および減圧冷却の影響
  • 糖質素材との複合体形成による小麦粉の改質および加工食品への適用
  • 低分子化カリンポリフェノールの吸収
  • ネコフェロモン受容体遺伝子を導入した遺伝子改変線虫によるリガンド探索
  • アミノ酸のAGE形成抑制作用
数多くの実験を通して着実に力をつけることができます

応用生物化学科では、食品や微生物など幅広く学ぶことができます。なかでも魅力だと感じるところは、1年後期から3年後期にかけて10種類の実験を受けることができる点です。実験の基本操作からレポート作成の力を身につけることができました。また3年後期には研究室に配属され、卒業研究テーマに沿って先生、先輩方のお力も借りつつ自分で考え様々な実験活動が行えるところも魅力の一つだと私は思います。

丸山美紅さん
応用生物化学課程(現:応用生物化学科)
〈岩手県立盛岡第三高等学校出身〉
幅広い分野と豊富な選択肢がこの学科の魅力です

農学部では自然界にあるものを利用して様々な研究をしています。応用生物化学科では、化学を基礎にして食品関係から生命現象まで幅広く学習することができます。また、分野の異なる実験をたくさん経験することもできます。広い範囲を一通り学んだ後に自分の専門分野を選択できるので、じっくりと自分のやりたいことと向き合える学科です。学習材料は身の回りにたくさんあるので、楽しく研究・学習できると思います。

中村匠汰さん
応用生物化学課程(現:応用生物化学科)
〈秋田県立秋田高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

食品・医薬品・肥料・農業・バイオ産業・環境分析関連企業  国家・地方公務員(化学職)  大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、環境衛生監視員、
甲種危険物取扱者(受験資格)、普及指導員(受験資格)

平成26年度 卒業生の進路実績 学科再編前の卒業生の実績です。円グラフの数字は人数を示しています。

【進学】岩手大学大学院、千葉大学大学院、東北大学大学院

【公務員】岩手県、青森県、二戸市、宮古市

【民間企業】大和産業(株)、東京中央農業協同組合、(株)キタカミデリカ、(株)ケイシイシイ、仙台農業協同組合、イオンスーパーセンター(株)、日東ベスト(株)、(株)ドンク、(株)榮太樓總本鋪、青森大学、伊藤ハムデイリー(株)、(株)北日本銀行、(株)シード

【自営業】タマネギ農家