• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員

 森林科学科

【定員30名/4年制/コースなし】

  • Forest Science
  • Forest Science
  • Forest Science
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

森林科学科は、東北地域の恵まれた自然環境を背景として、森林の持つ多様な環境保全機能や樹木資源の生産と利用について総合的に学習し、自然との共生関係を築きながら発展できる地域社会の実現に貢献する人材を育成します。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 森林科学を学ぶに相応しい基礎学力
  • 森林の多面的機能を最大限に発揮できる森づくりに必要な知識と技術について学ぶ意欲
  • 森林里山地域の自然生態系に配慮した適切な資源の利用と管理について学ぶ意欲
  • 再生可能資源である木質バイオマスの総合的かつ持続的利用法について学ぶ意欲
学科概要
東北地方の豊富な森林資源を活用し
森林の持つ環境保全機能や樹木資源の生産と利用について学習

森林科学科は、東北地方の豊富な森林資源の維持管理と利用、自然生態系の保全・管理、防災を含めた幅広い知識を有する技術者を育成することを目的としています。
森林科学科に新たに設定されるJABEE教育プログラムでは、自然環境・林業・林産業に関する専門的知識及び技術の修得のほか、森林科学技術者として必要な技術者倫理観・コミュニケーション能力・グループワーク力の修得、および専門的知識を応用して森林および森林関連分野の諸問題を解決するためのデザイン能力を持つ人材を育成します。

1

森林の持つ多様な環境保全機能や
樹木資源の生産と利用について総合的に学習

我が国の3分の2を占める森林は、地球温暖化の防止や国土の保全、水源のかん養、生物多様性の保全などの多面的な機能を有しており、このような機能の持続的な発揮と調和した木材の利用など適切な樹木資源の生産と利用について総合的に学習します。

2

自然との共生関係を築きながら発展できる地域社会の実現に貢献

中山間地はその大半を占めている「森林」の管理や林業生産活動を通じて「林産物等の安定的な供給」「国土保全」「美しい自然環境の保全」等、安全で豊かな国民生活を支えています。一方、過疎化・高齢化も進行しており、定住の促進、都市と山村の交流、環境教育等、自然との共生関係を築きながら発展できる地域社会の実現に貢献します。

3

自然生態系の保全・管理、防災を含めた
幅広い知識を有する技術者の育成

近年、里山地域では野生鳥獣による被害が急増するなど課題も多く、持続可能な管理によって豊かな自然生態系を保全・管理することが求められています。一方、土石流やがけ崩れなど土砂災害が多発し多くの人命が失われていることから、地域住民と一体となった総合的な対策も求められています。これら幅広い知識を有する技術者の育成を目指します。

カリキュラム

※2019年度入学生のカリキュラムです。

  • 科目紹介
    樹木学実習 〈2年前期〉

    演習林などにおいて、実際に生育する樹木の分布・生育形態を観察。採取、標本作成を行うことで北東北地方の代表的な樹種の特徴を学びます。代表的な樹木数種につき、肉眼、ルーペ、顕微鏡などを用いて詳細な観察を行います。

  • 木材と住宅、木材工学 〈2年前期・3年前期〉

    木材を適切に加工・利用するためには、それぞれの木材が有する樹種特性を十分に理解する必要があります。この授業では、寸法・形状の異なる細胞で組織された木材について、各種の物理的性質を学びます。

  • 森林保全生態学 〈2年後期〉

    なぜ森林を守りたいのか?どうやったら森林を守れるのか?これらの問いに確信を持って答えるために、森林の成り立ちや生物間の相互作用、森林が生態系の中で果たす役割について学び、森林が抱える問題を様々な視点でとらえていきます。

  • 地域観光学 〈3年後期〉

    森林と人間社会の関係は切り離すことが出来ないほど密接なため、森林・林業・山村に関して様々な法律や制度・政策が存在します。その体系を学び、社会のニーズを満たしながら森林の持続可能性を担保する政策とは何かについて考えます。

卒業研究テーマ例 2016年度、2017年度(平成28年度、29年度)平成25年度、26年度共生環境課程卒業生の研究テーマです。
  • ナラチップを原料とするシイタケ廃菌床の燃料特性
  • 木炭の断熱性能 -断熱性を高める最適炭化温度と断熱性発現メカニズム-
  • カバノキ属樹木葉におけるストレス処理の違いが翌年の誘導防御と成長に与える影響
  • 石灰石採掘予定地におけるノウサギの生息に影響する環境要因の特定
  • 森林境界の確定事業の実態と森林相続の課題-岩手県釜石地域と事例として-
  • 東北における「木の駅」の取り組み に関する研究-秋田県「二ツ井宝の森林プロジェクト」を例に-
  • ダム湖はミサゴの生息地として適切か?-餌内容に着目して-
  • 標高傾度に沿ったエゾナキウサギの生息環境の比較-岩塊地形と利用空隙の内外気温に着目して-
  • 地区防災計画制度の普及による地域防災力の向上を目指して~岩手県内における実態調査~
  • 地域と共に創りあげる歴史的砂防施設の利活用の現状と課題~新潟県及び岩手県内の事例を対象として~
  • スギー落葉広葉樹混交無間伐林における広葉樹群集の動態に及ぼす立地環境と競合の影響
  • スギ人工林における林分構造と下層木本の種多様性との対応関係
  • クワ抽出成分のスキンケア製品としての利用可能性
  • スギ乾燥副産物に含まれる有用成分の利用~蒸留分離法の改良および抗老化作用の検証~
  • 盛り土基盤造成による再生海岸林植栽地における土壌滞水とマツ苗木成長
  • 苗木コンテナを用いたウルシ実生苗育成方法の検討
  • 中型馬による馬搬作業の分析と評価
  • 広葉樹将来木施業における間伐作業の分析と評価
  • 森林の利用条件に恵まれた地域での住民の森林に対する意識-岩手県滝沢市の住宅地を例にして-
  • 盛土工法による海岸林造成基盤上に植栽されたマツ苗木の初期成長
  • 自生北限域の冬季低温に対するタブノキ苗木の低温障害-可視的被害と葉組織耐凍性の季節変化-
興味のある分野を深く掘り下げて学ぶ環境が整っています

私たちの学科では森林に関することを幅広く学ぶことができます。その中で自分がピンときたものを深く掘り下げて勉強できる環境が整っているのがこの学科の魅力だと感じます。実習が多いことも特徴です。屋久島で暖帯林の樹種を勉強し、ドイツで日本とはまた違う森林との関わり方を知ったのは特に印象深いです。大学で勉強したいことが決まっている方もそうでない方も、自然や森が好きなら学びの多い、楽しい4年間になるはずです!

小柳奈々恵(こやなぎななえ)さん
共生環境課程 森林科学コース(現:森林科学科)
〈神奈川県立希望ヶ丘高等学校出身〉
専門性を高め、岩手県ならではの研究をしています

学科の特徴としては、2つの演習林が近くにあり、実習をたくさん行えることが挙げられます。屋久島で行う暖帯林実習やドイツでの海外実習なども魅力的です。森林科学科では様々な分野を学ぶと同時に、教員が多いので各分野の専門性を突き詰めることもできます。私は卒業研究として東日本大震災で被災した海岸林再生について研究しています。これは岩手県にとって急務な課題であり、やりがいを感じて取り組んでいます。
大学では自主性が大事です。興味がある方は是非オープンキャンパスにお越しください!先輩方がどんな疑問にも答えてくれますよ。

浅利勇太(あさりゆうた)さん
共生環境課程 森林科学コース(現:森林科学科)
〈青森県立弘前南高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

農林業・自然環境関係の独立行政法人  環境・建設・造園・木材・製紙関連企業  国家・地方公務員(林学職) 大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、技術士補(JABEE修了)、測量士補、普及指導員(受験資格)、林業普及指導員(受験資格)、
造園施工管理技士(1級・2級)(申請資格)、ビオトープ管理士(申請資格)、樹木医補、環境再生医

2015~2017年度(平成27~29年度) 卒業生の進路実績

※学科再編前の卒業生の実績です。 ※円グラフの数字は人数を示しています。
※円グラフは2017年度(平成29年度)のみの実績です。

進路

【進学】岩手大学大学院、九州大学大学院

【公務員】岩手県、青森県、宮城県、福島県、山形県、北海道、群馬県、千葉県教育委員会、北海道森林管理局、林野庁、農林水産省、国土交通省、国土交通省東北地方整備局

【民間企業】(株)古川ちいきの総合研究所、(株)小田島組、カメイ(株)、ホクヨープライウッド(株)、日本紙パルプ商事(株)、マーヴェリック、双日建材(株)、国立研究開発法人 森林研究・整備機構森林整備センター、物林(株)、小岩井農牧(株)山林部、日本工営(株)、国際航業(株)