• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
 
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

森林科学科は、東北地域の恵まれた自然環境を背景として、森林の持つ多様な環境保全機能や樹木資源の生産と利用について総合的に学習し、自然との共生関係を築きながら発展できる地域社会の実現に貢献する人材を育成します。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

 
  • 森林科学を学ぶに相応しい基礎学力
  • 森林の多面的機能を最大限に発揮できる森づくりに必要な知識と技術について学ぶ意欲
  • 森林里山地域の自然生態系に配慮した適切な資源の利用と管理について学ぶ意欲
  • 再生可能資源である木質バイオマスの総合的かつ持続的利用法について学ぶ意欲
学科概要
東北地方の豊富な森林資源を活用し
森林の持つ環境保全機能や樹木資源の生産と利用について学習

森林科学科は、東北地方の豊富な森林資源の維持管理と利用、自然生態系の保全・管理、防災を含めた幅広い知識を有する技術者を育成することを目的としています。
森林科学科に新たに設定されるJABEE教育プログラムでは、自然環境・林業・林産業に関する専門的知識及び技術の修得のほか、森林科学技術者として必要な技術者倫理観・コミュニケーション能力・グループワーク力の修得、および専門的知識を応用して森林および森林関連分野の諸問題を解決するためのデザイン能力を持つ人材を育成します。

 

1

森林の持つ多様な環境保全機能や
樹木資源の生産と利用について総合的に学習

我が国の3分の2を占める森林は、地球温暖化の防止や国土の保全、水源のかん養、生物多様性の保全などの多面的な機能を有しており、このような機能の持続的な発揮と調和した木材の利用など適切な樹木資源の生産と利用について総合的に学習します。

2

自然との共生関係を築きながら発展できる地域社会の実現に貢献

中山間地はその大半を占めている「森林」の管理や林業生産活動を通じて「林産物等の安定的な供給」「国土保全」「美しい自然環境の保全」等、安全で豊かな国民生活を支えています。一方、過疎化・高齢化も進行しており、定住の促進、都市と山村の交流、環境教育等、自然との共生関係を築きながら発展できる地域社会の実現に貢献します。

3

自然生態系の保全・管理、防災を含めた
幅広い知識を有する技術者の育成

近年、里山地域では野生鳥獣による被害が急増するなど課題も多く、持続可能な管理によって豊かな自然生態系を保全・管理することが求められています。一方、土石流やがけ崩れなど土砂災害が多発し多くの人命が失われていることから、地域住民と一体となった総合的な対策も求められています。これら幅広い知識を有する技術者の育成を目指します。

 
 
カリキュラム
  • 科目紹介
    樹木学実習 〈2年前期〉

    演習林などにおいて、実際に生育する樹木の分布・生育形態を観察。採取、標本作成を行うことで北東北地方の代表的な樹種の特徴を学びます。代表的な樹木数種につき、肉眼、ルーペ、顕微鏡などを用いて詳細な観察を行います。

  • 木材と住宅、木材工学 〈2年前期・3年前期〉

    木材を適切に加工・利用するためには、それぞれの木材が有する樹種特性を十分に理解する必要があります。この授業では、寸法・形状の異なる細胞で組織された木材について、各種の物理的性質を学びます。

  • 森林保全生態学 〈2年後期〉

    なぜ森林を守りたいのか?どうやったら森林を守れるのか?これらの問いに確信を持って答えるために、森林の成り立ちや生物間の相互作用、森林が生態系の中で果たす役割について学び、森林が抱える問題を様々な視点でとらえていきます。

  • 地域観光学 〈2年後期〉

    観光とリゾートは何が違うのか。エコツーリズムなど新しいツーリズムが生まれた背景は何か。名所論などの歴史的経緯を踏まえつつ理解します。また、デザインや計画によって観光客の行動や心理にどのように働きかけられるのかを学びます。

 
卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度共生環境課程卒業生の研究テーマです。
  • 地域事業者の観光資源認知と大船渡市の観光復興に関する研究
  • 繁殖北限域におけるサシバの繁殖地選択に関する食物資源との関係の影響
  • 鉱山堆積地での緑化に有効な樹種および土壌条件の選定
  • カバノキ属樹木2種の春葉と夏葉の表面上に見られる腺毛の比較
  • 低光量なスギ人工林における下層植生の侵入状況-rPFD20%以下における局所的な林内光量と下層植生の関係-
  • 岩手県遠野市「馬搬の森」における間伐作業の分析
  • コンテナ苗の植付作業における植栽器具の評価
  • 木材の高温乾燥により分離・回収される揮発成分
  • 木質パネルの耐久性評価-木造住宅部材に用いた場合の強度劣化推定-
  • 安定同位体標識縮合型タンニンモデル化合物の合成-カルコン中間体の合成-
  • スギ材乾燥副産物に含まれるジテルペン類の抗酸化活性
  • コンテナ形状の違いによるスギコンテナ苗の成長比較-植栽1年目におけるリブコンテナ苗とスリットコンテナ苗の比較-
  • 土砂災害ハザードマップの実態調査と住民と共に考える新たなシステムの提案
  • 東北地域の森林所有者の所有・管理意識に関する研究-釜石地域におけるアンケート調査から-
  • 人口減少社会における山村の定住条件に関する研究-岩手県釜石市橋野町を事例に-
  • 2013年8月9日 秋田・岩手豪雨災害時の住民の警戒避難の実態と見えてきた課題
  • 傾斜地におけるフェラーバンチャ機能付きバックホウの作業性能評価
  • 八戸市の高齢クロマツ海岸林における個体の樹冠形状と肥大成長
  • 土砂災害防止法の推進による減災を目指して-土砂災害警戒区域指定を進捗させるためにはどうしたら良いのか-
 
幅広く奥深い「森林」という分野で、自分の興味を広げて

人と自然が共生してきた地域では、少子高齢化や自然災害などがある中で豊富な自然資源を最大限に活用していくことが更に求められており、森林もその一つ。森林は幅広く奥深い分野なので、自分の興味や目標が自然と見つかるはずです。また多くの実習では、チェーンソー・林業機械の操作、野生動物との出会いなど、森林・林業の難しさと楽しさを同時に味わえます。個性豊かな教授たちや共に学ぶ仲間の存在も魅力です。

 
熊谷和馬さん
共生環境課程 森林科学コース(現:森林科学科)
〈岩手県立高田高等学校出身〉
 
実習で身につけるチームワークも大きな成果です

農学部の特長は、異なる森林群落の演習林が2ヶ所あるということです。森林科学コースでは、日帰り・宿泊を問わず、演習林での実習が多く、森林について学ぶ環境としては大変魅力的であると思います。3年後期の林道工学実習では、班員全員で協力しながら実習を進めるので、チームワークが重要となり、技術や操作方法を学ぶだけでなく、協調性を養うこともでき、有意義な時間だったと感じています。

 
山地由恵さん
共生環境課程 森林科学コース(現:森林科学科)
〈田園調布学園高等部出身〉
 
進路・資格
 

【想定される進路】

農林業・自然環境関係の独立行政法人  環境・建設・造園・木材・製紙関連企業  国家・地方公務員(林学職) 大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、技術士補(JABEE修了)、測量士補、普及指導員(受験資格)、林業普及指導員(受験資格)、
造園施工管理技士(1級・2級)(申請資格)、ビオトープ管理士(申請資格)、樹木医補、環境再生医

 
平成26年度 卒業生の進路実績 学科再編前の卒業生の実績です。円グラフの数字は人数を示しています。

【進学】岩手大学大学院

【公務員】林野庁、環境省、東北地方整備局、札幌国税局、岩手県、青森県、秋田県、宮城県、山形県

【民間企業】(独)森林総合研究所森林農地整備センター、国土防災技術(株)、(株)福田水文センター、ファーム富田、岩手県森林組合連合会、かたばみ興業(株)、株式会社テイクアクション