• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
 
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

植物生命科学科では、植物および昆虫の生命現象と農学に関連する生命の機能を解明するための基礎知識を生物学や化学的な観点で学習します。さらに、農産物や農業生物を有益な資源として生かすために生命科学技術ならびに論理を学びます。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

 
  • 生命機能の解明や生命資源利用を学ぶに相応しい基礎学力
  • 生命科学や生命資源の可能性を数量的・論理的に推理・解析できる分析力
  • 食料の安定供給と環境負荷低減を両立させる戦略・論理・技術を学ぶ意欲
  • 新たな生命現象や未利用資源に関する成果を社会へ還元する行動力
学科概要
寒冷生物の環境適応機構の解明など
“岩手大学ならでは”の基礎研究および応用研究を推進

植物生命科学科は、作物学、園芸学、植物育種学、植物生理学、植物病理学、応用昆虫学、(農業経営・経済学)の研究分野から構成されます。
人間生活に役立つ多様な植物や昆虫の機能を遺伝子レベルから個体群レベルで解明するとともに、岩手大学農学部の強化分野である寒冷生物の環境適応機構の解明、植物ウイルスを利用した次世代生産技術の開発、新品種育成など、“岩手大学ならでは”の卓越した基礎及び応用研究を推進することで、“植物生命科学”並びに“農学”に関する専門知識と技術を習得させ、地域社会のリーダーとして活躍する専門職業人、またグローバルな視点を持った研究者・技術者として国内外で活躍できる人材の育成を行います。

 

1

網羅的な座学教育および実験を通じて
幅広く農学と生命科学の知識や技術を習得

初年次の農学概論をはじめとして、各研究分野の専門的な座学教育により、知識を集積します。さらに、3年次の各分野の学生実験を通じて、得られた知識を活かし、理解するための研究手法を身につけることができます。

2

農場での実習や試験圃場での栽培研究を通じて
実践的な感覚と経験を身につける

実際の栽培現場に近い研究農場における実学教育を受けることができるため、植物の播種から収穫にいたるまでの肥培管理や病害虫防除を含めた栽培の全行程を農学的・生命学的な視点から学ぶことができます。

3

岩手ならではの寒冷地農業の研究を行うことで
植物生命科学の発展に貢献

3年後期以降の研究室配属後は遺伝子・タンパク質レベルでの基礎研究からフィールドレベルでの応用研究までを通して、生命機能の解明や有用植物の遺伝育種・機能開発、新規作物の創出、植物ウィルスと昆虫の制御および機能利用の研究を行います。

 
 
カリキュラム
  • 科目紹介
    農学概論 〈1年前期〉

    植物生命科学科の研究の方向性、農学が存在する理由を理解することを目的として、各分野(作物学、園芸学、植物生理学、植物育種学、植物病理学、応用昆虫学、農業経営・経済学)の概要および研究を行う上で必要な知識を教授します。

  • 農場実習Ⅰ・Ⅱ 〈2年前期・後期〉

    作物栽培について実習・実践し、農学と生命科学の理解を深めます。育苗管理、田植え、播種、摘花、摘果、除草、病害虫防除、収穫、選別などを体得します。自ら計画し、各種作物を栽培することで、植物の生命現象を理解します。

  • 各研究分野の実験 〈2年後期・3年前期〉

    各研究分野(作物学、園芸学、植物生理学、植物育種学、植物病理学、応用昆虫学)の実験を通じて、それぞれの分野での実験の特徴を学び、研究対象や研究手法を学びます。

  • 卒業研究 〈3年後期・4年前期・後期〉

    研究室配属後、教員の指導の下、植物生命科学に関するテーマを決め、実験計画を組み立て、新規性のある科学研究を実行します。卒業論文を書くことで情報収集・分析と考察能力、研究発表を行うことでプレゼンテーション能力が向上します。

 
卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度農学生命課程卒業生の研究テーマです。
  • マメ類における半数体作出系の開発
  • リンドウ子房輪紋ウイルスの花粉伝染の解析
  • スイートアリッサムの紫色花品種花弁におけるフラボノールの研究
  • 中性植物トマトの花成制御機構におけるSP5G遺伝子の機能解析
  • ヨーロッパアワノメイガとカイコとの染色体比較から見えてくるもの
  • 直立穂型水稲品種「羽系1230号」の収量性および乾物生産・分配特性の解明 -穂の着粒構造に着目して-
  • インパチエンスの紫色花品種のアントシアニンに関する研究
  • シイタケ廃菌床の施用による土壌成分変化と 肥料効果に関する研究
  • シラカバの花成遺伝子BpMADS4に類似した機能を持つリンゴMADA-box遺伝子の解析
  • 房取り可能なブルーベリー品種の選抜
  • 大気中CO2濃度上昇によるイネの増収効果は日射量に影響されるのか?
 
充実した設備の中で、農業の大変さと楽しさを実感

私たちの学科では、実際に圃場に出ての作業や専門的な実験が中心となってきます。設備が充実しており、自分のしたいことができる環境が整っているところが魅力です。研究室ごとに畑も割り振られ、自分たちの食べたい野菜を栽培し管理していくことで、農業の大変さ、楽しさを学ぶことができると思います。植物に興味関心があり、深く学びたいと思ったら、ぜひ植物生命科学科へ!

 
小笠原南美さん
農学生命課程 生命資源科学コース(現:植物生命科学科)
〈岩手県立盛岡第四高等学校出身〉
 
「ためになる」農業の知識と経験が身につきます

この学部に入って一番よかったと思うことは、自然に囲まれながら作物の栽培、稲の田植えや刈り取りの作業などを直に体験できたということです。それができるのは広大な敷地を持った岩手大学ならではだと思います。そのような体験で学んだことは家庭菜園でも使える機会があるので、家族などに報告すると、すごく役に立つと嬉しそうに聞いてくれます。

 
小林千江さん
農学生命課程 生命資源科学コース(現:植物生命科学科)
〈北海道札幌北高等学校出身〉
 
 
進路・資格

【想定される進路】

種苗・食品・農薬関連企業 農業団体 国家・地方公務員(農学職) 大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、普及指導員(受験資格)、環境衛生監視員

 
平成26年度 卒業生の進路実績 学科再編前の卒業生の実績です。円グラフの数字は人数を示しています。

【進学】岩手大学大学院、奈良先端科学技術大学院

【公務員】岩手県、宮城県、福島県、茨城県公立学校教員、警視庁

【民間企業】(株)北日本銀行、丸和バイオケミカル(株)、全国農業協同組合連合会青森県支部、銀河フーズ(株)、ホーマック(株)、日本食研ホールディングス(株)、(株)青木商店、紅屋商事(株)、丸西産業(株)