• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
資料請求

 植物生命科学科

【定員40名/4年制/コースなし】

  • Plant Biosciences
  • Plant Biosciences
  • Plant Biosciences
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

植物生命科学科では、植物および昆虫の生命現象と農学に関連する生命の機能を解明するための基礎知識を生物学や化学的な観点で学習します。さらに、農産物や農業生物を有益な資源として生かすために生命科学技術ならびに論理を学びます。

入学者に求める資質(求める学生像)
(知識・技能・理解・思考力・判断力・表現力)

  • 生命機能の解明や生命資源利用を学ぶに相応しい基礎学力を有する人
  • 生命科学や生命資源の可能性を数量的・論理的に推理・解析できる分析力を有する人
    (関心・意欲・態度・主体性・協働性)
  • 食料の安定供給と環境負荷低減を両立させる戦略・論理・技術を学ぶ意欲のある人
  • 新たな生命現象や未利用資源に関する成果を社会へ還元する行動力のある人
学科概要
寒冷生物の環境適応機構の解明など
“岩手大学ならでは”の基礎研究および応用研究を推進

植物生命科学科は、作物学、園芸学、植物育種学、植物生理学、植物病理学、応用昆虫学の研究分野から構成されます。
人間生活に役立つ多様な植物や昆虫の機能を遺伝子レベルから個体群レベルで解明するとともに、岩手大学農学部の強化分野である寒冷生物の環境適応機構の解明、植物ウイルスを利用した次世代生産技術の開発、新品種育成など、“岩手大学ならでは”の卓越した基礎及び応用研究を推進することで、“植物生命科学”並びに“農学”に関する専門知識と技術を習得させ、地域社会のリーダーとして活躍する専門職業人、またグローバルな視点を持った研究者・技術者として国内外で活躍できる人材の育成を行います。

1

網羅的な座学教育および実験を通じて
幅広く農学と生命科学の知識や技術を習得

初年次の農学概論をはじめとして、各研究分野の専門的な座学教育により、知識を集積します。さらに、2〜3年次の各分野の学生実験を通じて、得られた知識を活かし、理解するための研究手法を身につけることができます。

2

農場での実習や試験圃場での栽培研究を通じて
実践的な感覚と経験を身につける

実際の栽培現場に近い研究農場における実学教育を受けることができるため、植物の播種から収穫にいたるまでの肥培管理や病害虫防除を含めた栽培の全行程を農学的・生命科学的な視点から学ぶことができます。

3

岩手ならではの寒冷地農業の研究を行うことで
植物生命科学の発展に貢献

3年後期以降の研究室配属後は遺伝子・タンパク質レベルでの基礎研究からフィールドレベルでの応用研究までを通して、生命機能の解明や有用植物の遺伝育種・機能開発、新規作物の創出、植物ウィルスと昆虫の制御および機能利用の研究を行います。

カリキュラム
カリキュラム

※2021年度(令和3年度)入学生のカリキュラムです

  • 科目紹介
    農学概論 〈1年前期〉

    植物生命科学科の研究の方向性、農学が存在する理由を理解することを目的として、各分野(作物学、園芸学、植物生理学、植物育種学、植物病理学、応用昆虫学)の概要および研究を行う上で必要な知識を教授します。

  • 農場実習Ⅰ・Ⅱ 〈2年前期・後期〉

    作物栽培について実習・実践し、農学と生命科学の理解を深めます。育苗管理、田植え、播種、摘花、摘果、除草、病害虫防除、収穫、選別などを体得します。自ら計画し、各種作物を栽培することで、植物の生命現象を理解します。

  • 植物生命科学実験 〈2年後期・3年前期〉

    各研究分野(作物学、園芸学、植物生理学、植物育種学、植物病理学、応用昆虫学)の実験を通じて、それぞれの分野での実験の特徴を学び、研究対象や研究手法を学びます。

  • 卒業研究 〈3年後期・4年前期・後期〉

    研究室配属後、教員の指導の下、植物生命科学に関するテーマを決め、実験計画を組み立て、新規性のある科学研究を実行します。卒業論文を書くことで情報収集・分析と考察能力、研究発表を行うことでプレゼンテーション能力が向上します。

卒業研究テーマ例 2019年度(令和元年度)の研究テーマです。
  • 地温上昇による根粒活性の上昇がダイズの生産性向上に寄与した
  • 異なる土壌窒素・水分条件に対するイネ根の遺伝子発現パターンの解析
  • リンゴにおけるカルスからのシュート再分化系の作出
  • キキョウの青紫色花のアントシアニンに関する研究
  • ミヤコグサ野生系統と根粒菌との根粒形成過程における宿主特異性の研究
  • 細胞融合を利用したリンドウの育種素材の作出に関する研究
  • ブロッコリーにおける老化関連遺伝子NYC1変異系統の作出
  • 滝沢農場のブルーベリー樹由来のブルーベリー小球形潜在ウイルス分離株の性状の比較
  • ラズベリー黄化ウイルスのNicotiana benthamianaにおける種子伝染解析
  • アワノメイガ嗅覚受容体遺伝子のマッピング
  • AnyParP置換体によるカイコの麻痺活性と休眠卵誘導活性への影響
多面的に植物を捉え、学び、活かす

私たちが所属する学科では、植物の生理的反応やそれらを取り巻く病気や昆虫、土壌などの外的環境や細胞レベルのミクロな世界、さらには遺伝子にも着目し雄大な土地と歴史あるキャンパスで日々研究が行われています。各研究室が多面的な分野に分かれ植物を捉えているため、皆さんが夢中になれる研究分野がきっと見つかります。また授業の中で生徒が主体的に技術者・生産者・消費者となり、実践的な体験も存分にすることができます。

菅原冬葵(すがわらふゆき)さん
〈宮城県気仙沼高等学校出身〉
座学から実習まで楽しく学べる学科です!

私たちの学科では、有用植物や植物ウイルス、昆虫について幅広く学ぶことができます。また、岩手大学は広大な農場を所有しており、学んだ知識を活かして、実際に圃場で野菜を育てる「農業実習」があることが魅力の1つです。さらに、岩手のような寒冷地における生物生産、管理、利用についての研究ができることもこの大学の特徴です。植物に興味がある方は是非、この学科への進学を検討してみてください。

村井真子(むらいまこ)さん
〈岩手県立金ケ崎高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

種苗・食品・農薬関連企業 農業団体 国家・地方公務員(農学職) 大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、普及指導員(受験資格)、環境衛生監視員

2019年度(令和元年度) 卒業生の進路実績
進路

【進学】 岩手大学大学院、東京大学大学院、東北大学大学院、北海道大学大学院

【公務員】 宮城県、宮城県警察、岩手県警察、岩手県、北海道、農林水産省

【民間企業】 (株)高速、(株)アウトソーシングテクノロジー、国立大学法人東北大学、(株)北村製作所宮城工場、(株)極洋、(株)薬王堂、東京シティ青果(株)、(株)ウエルシード、(株)阿部繁孝商店、タワーレコード(株)、(株)小山本家酒造(世界鷹小山家グループ)、がんこフードサービス(株)