• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
研究室紹介

植物育種学分野 植物育種学研究室(植物生命科学科)

ナタネをはじめとするアブラナ科植物、ダイズ、イネ、リンドウなどを研究材料に用いて、遺伝学や分子生物学の知見を応用して、新しい有用な植物を創るための研究を行っています。

所属教員
髙畑 義人     畠山 勝徳    
キーワード
植物    生命科学    農業    

研究内容

植物育種学は、品種改良に関する学問です。今まで人類は植物を改良し様々な品種を作ってきました。しかし、従来の交雑と選抜による育種法では、1つの品種ができるまでには多くの時間とたくさんの労力が必要です。私たちは、組織培養技術やDNA解析技術を利用して、画期的な品種の創出や効率的な品種改良法の開発に貢献する研究を行っています。

1)生殖細胞からの胚形成と育種への利用
植物は様々な組織の細胞から植物体を再生させる分化全能性を持っています。雌雄の生殖器官である花粉(小胞子)や胚珠からの植物体再生は、半数体を作出する技術として育種および遺伝学の場で利用されています。ナタネ、ハクサイ、ダイコンなどのアブラナ科植物について、効率的に半数体植物を再生させる技術開発を行い、さらに細胞からの再生メカニズムを分子レベルで解明するための研究を行っています。

小胞子培養

2)リンドウの育種技術の開発
岩手県はリンドウの生産が日本第1位です。世界に誇る新たなリンドウを作出するために、葯培養や未受精胚珠培養技術を開発しリンドウの半数体作出に世界で初めて成功し、新品種育成に寄与しています。野生種や突然変異を利用した画期的な育種素材の作出やDNAマーカーの開発に関する研究を行っています。

ikushu

3)花が咲くメカニズムの解析

植物の開花特性は、作物の収量、栽培地域・時期の拡大に繋がる重要な農業形質です。イネ、ハクサイ、ダイズを用いて、植物が環境の変化を感じ取って花を咲かせる過程のメカニズムを分子レベルで解明する研究を行っています。また、開花に関わる遺伝子をDNAマーカーにして、新しい品種の育成に挑戦しています。
4)栽培植物の系統分化の解析
植物が栽培化するための過程や栽培化に必要な要因を解析し、栽培植物の進化と伝播を明らかにする研究をしています。

5)耐病性の機構解明
作物も人間と同じように常に病原菌からの脅威にさらされており、病害に対する抵抗性は作物の重要な育種目標の一つです。ハクサイやキャベツなどのアブラナ科野菜を加害する根こぶ病を対象にして、抵抗性遺伝子の単離や抵抗性機構を解明するための研究を行っています。

根こぶ病_罹病性・抵抗性_legend