生物の生命現象や
生態系システムを
「化学的」な側面から解明

学び

微生物から動植物までと全ての生物をターゲットとした生命現象や、生物の生存環境である生態系システム、生物が作り出す物質や食品素材の特性や機能を、主に「化学的」な側面から解明することを目指します。無機化学、有機化学や生物化学を基盤とし、生物圏における物質循環、先端的な技術を用いた微生物・動植物の生物機能の解析、食品の物理・化学的な特性解析と加工技術の開発、疾患予防に向けた栄養や生物資源の健康機能の解明に関わる高度に専門的な知識と実験技術を学ぶことができます。

コースの特徴

微生物から動植物までと、多岐に渡って様々な生物を対象として専門的に研究している教員が所属しているため、学べる分野の幅が非常に広いのが特徴です。また、多様な分野の講義を受けることができるため、知識の幅を広げるだけでなく、多角的に物事を考えるトレーニングがしやすい環境であるといえます。

人材育成

食品、医薬品、動植物、化学、環境などに関係する産業分野において、高度に専門的な知識と技術を生かすことができる人材の育成を目指します。また、それらの分野において、地域だけでなく国際的な観点を持って課題を発掘し、課題に対しての対策を自らの力で考え行動し、さらなる発展のために挑戦し続けることで、周りを牽引するリーダーシップを発揮して活躍できる人材の養成に取り組みます。

進路

改組前の応用生物化学専攻のような進路が想定されます。例えば、食品、医薬品、肥料、種苗メーカー等における研究開発、製造、技術、品質管理職、および専門的な知識を生かした販売、営業職です。また、環境や食品中の成分分析に関する企業において、大学院で学んだ分析技術を生かす仕事や、国・地方自治体における農芸化学の専門職、博士課程への進学も想定されます。

社会貢献

生命現象や生物資源を化学的な視点によって研究することで得られた基礎的な理解を基盤として、私たちの健康や快適な生活に有用な、医薬品、機能性食品や、新たな食品加工開発技術を創造します。また、環境に負荷をかけない次世代型の農業生産技術に役立てることも期待できます。

求める学生像

生命現象や生態系システム、生物が作り出す物質や食品素材および食品加工に関する研究について、強い関心と好奇心、そしてチャレンジ精神を持ち、化学的で論理的な思考によって物事を明らかとすることに楽しみや喜び、やりがいを見出せる学生さんを求めます。また、大学院在学中、自分の研究に思う存分打ち込みたいという方も歓迎します。
INTERVIEW

研究が人と人とをつなぎ
多くの出会いから
得られた学び

鈴木千春さん 鈴木千春さん

学部生時代、私は「縄張りを持つ動物のにおいを使ったコミュニケーション」について研究をしていました。縄張りを持つ動物は、尿や糞などのマーキング物質のにおいから、におい主の種や性、年齢や個体の情報を得ていると考えられています。私が所属していた研究室では、身近な動物であるネコに着目して研究を行っていました。具体的には、マーキング物質中に含まれる膨大な種類のにおい物質の中から、個体ごとに特徴的なもの、つまり個体識別に用いられるようなキー化合物を、最新機器を用いた科学的な手法と、実際にネコの反応を確認しながら行う行動学的手法の両者を用いて探索していました。

私が大学院への進学を決めたのは、将来の選択肢の幅を広げたいということ、そして多くの人と関わることができる学会発表をもっと経験したいという理由からでした。ただ、大学院では自主的に研究テーマに取り組み、実験の手法やアプローチを自分で工夫して研究を進めなければならないため、「ちゃんとやっていけるかな…」という不安はありました。実際、進学して研究を進めていく中で、実験が上手くいかないなど苦労することもありましたが、目の前のことを一つずつ解決していくことで、乗り越えることができました。

私の研究室は、朝9時から夕方5時までがコアタイムです。学部生の時は、講義以外の時間は自由に過ごせるのですが、研究室配属後は、コアタイムの間は実験や勉強に取り組みます。一見大変そうに見えるかもしれませんが、適度な緊張感を持ち、規則正しい生活を身につけることができます。

また、大学院では学会などで発表の機会が増えます。研究室の外に出て、国内外の方々から意見やアドバイスを頂けるので視野が広がり、発表の場数を踏むことでプレゼンテーション能力が向上します。研究に関することはもちろん、社会に出てから活きる能力も得られることが魅力だと考えています。私は大学院で得た経験を活かして、様々な人と関わりながら、状況対応能力やプレゼン力が各個人に求められるような仕事に就きたいと考えています。

高校生の皆さんには、大学進学を考える時から志望学科の研究室の研究内容に自分の興味があるのかしっかりと考えて決めることをお勧めします。研究が大学生活の全てではありませんが、研究生活が充実することは大学生活の充実につながると思います。ぜひ充実した大学・大学院生活を送ってほしいです。

鈴木千春さん

高校生の皆さんには、大学進学を考える時から志望学科の研究室の研究内容に自分の興味があるのかしっかりと考えて決めることをお勧めします。研究が大学生活の全てではありませんが、研究生活が充実することは大学生活の充実につながると思います。ぜひ充実した大学・大学院生活を送ってほしいです。

このコースの教員一覧

  • 伊藤 菊一 (教授/生体機能システム学特論)
  • 木村 賢一 (教授/ケミカルバイオロジー特論)
  • 下飯 仁 (教授/応用微生物学特論)
  • 菅原 悦子 (教授/調理加工学特論)
  • 塚本 知玄 (教授/食品科学特論)
  • 長澤 孝志 (教授/栄養生化学特論)
  • 西山 賢一 (教授/細胞構造形成学特論)
  • 三浦 靖 (教授/食品物理化学工学特論)
  • 山下 哲郎 (教授/生化学特論)
  • 伊藤 芳明 (准教授/分子栄養学特論)
  • 斎藤 靖史 (准教授/染色体・ゲノム生物学特論)
  • 鈴木 雄二 (准教授/植物栄養生理学特論)
  • 立石 貴浩 (准教授/環境土壌学特論)
  • 宮崎 雅雄 (准教授/分子生体機能学特論)
  • 山田 美和 (准教授/産業微生物学特論、応用生物化学特別講義、応用生物化学特別研究)