• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

動物科学科は、産業動物(家畜)、実験動物、野生動物、展示動物などの様々な動物種および飼料作物などを対象に、人と動物が共生する地域社会の創造を目指し、効率的かつ機能的な動物産業の発展と生命科学に関する高度な科学技術の開発に貢献できる人材を育成します。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 動物科学を学ぶに相応しい基礎学力
  • 動物科学への強い関心と、積極的に学ぶ意欲
  • 動物に関連した産業の諸問題の解決に取り組む意欲
学科概要
動物生産の復興、人の健康増進、
動物遺伝資源の保護などの幅広い分野を教育・研究

動物科学科は、動物生産の復興のみならず、人の健康増進、動物遺伝資源の保護など幅広く人類の役に立つための教育・研究を行います。本学科には、動物形態学分野、動物生理学分野、動物遺伝育種学分野、動物生殖学分野、動物栄養学分野、草地学分野、動物管理学分野、動物資源利用学分野を置き、産業動物、実験動物、野生動物、展示動物などの様々な動物種を対象とします。
本学科では動物科学分野におけるグローバルな視点を持った技術者や地域社会のリーダーとして活躍できる専門職業人の育成を行います。

1

地域的背景を活かし、効率的かつ機能的に動物科学を学ぶ

我が国有数の畜産物生産基地である東北地方という地域的背景を活かし、地球の環境保全に配慮しながら、効率的かつ機能的に動物を生産するための動物科学について学びます。

2

幅広い動物種を対象として様々な分野の講義および実験を実施

産業動物(家畜)、実験動物、野生動物、展示動物など、幅広い動物種を対象として、動物の生理、形態、組織、遺伝育種、発生、生殖、栄養、生産生理、飼養、管理、行動、草地および動物資源の利用に関する講義および実験を行います。

3

充実の施設で牧場実習を実施、
動物科学に関わる幅広い学問を学ぶ

附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでの牧場実習を実施し、また、他課程の授業科目を数多く受講できるように工夫しており、動物科学に関わる幅広い学問について学ぶことができます。

カリキュラム
  • 科目紹介
    動物発生学 〈2年前期〉

    動物発生学に関しての基礎的な知識を身につけるため、発生学の歴史、発生学の根幹をなす受精、胚発生、胎子発育・胎盤形成、また、これらの現象を制御する仕組みについての基本的な知識を学びます。

  • 愛玩動物栄養学 〈3年後期〉

    ペットフードの選び方や与え方を始め、日頃の健康管理に役立つ基本的知識を習得するため、イヌとネコそれぞれのヒトとの関わりの歴史や存在位置、体の構造的特徴と栄養特性、習性に基づく栄養特性などについて学びます。

  • 動物行動学 〈3年前期〉

    動物行動学を体系的に理解するため、行動の起こる仕組み、行動の機能、行動の発達、行動の進化、行動の分類、行動レパートリー(維持行動、社会行動、生殖行動、葛藤行動、異常行動)について、野生動物や産業動物などを例に学びます。

  • 動物資源利用学Ⅰ 〈3年前期〉

    身近な食品である食肉についての理解を深め、また、食肉を利用した加工品の製造技術に関する知識を習得するため、加工業の歴史や、食肉の成分および機能を利用して肉製品を製造する技術について学びます。

卒業研究テーマ例 平成25年度、26年度動物科学課程卒業生の研究テーマです。
  • Salsolinolにより誘起されるヤギのプロラクチン分泌に及ぼす1MeDIQとストレスの影響
  • アトピー性皮膚炎モデル動物における皮膚バリア機能に対するプラズマローゲンの影響
  • ウシ超早期妊娠因子産生部位の組織学的検索
  • ツノナシオキアミ(イサダ)の動物用飼料としての可能性
  • トコロ(野老)に含まれるサポニンの解析
  • マウス胎仔生殖隆起外に存在する始原生殖細胞様細胞の培養
  • OCT-4がブタ初期胚の細胞運命決定におよぼす影響
  • ミミズ生息土壌に含まれる元素の生物濃縮試験法の検討
  • エゾシカ肉のメトミオグロビン割合と官能評価との関係
  • Salsolinolにより誘起されるヤギのプロラクチン分泌に及ぼす末梢ドーパミンの影響
  • ヒツジにおけるメタン放出量に及ぼす乾草と濃厚飼料給与比率の影響
  • トコロ(野老)の機能性 -抗酸化活性に注目して-
  • 盛岡市手代森地区周辺におけるニホンジカの個体群構成と撮影頻度の動態
  • 赤外線サーモグラフィによる病鶏の体表体温の変動に関する基礎的研究
  • 冷凍期間の違いがエゾシカ背最長筋の理化学特性およびテクスチャーに及ぼす影響
  • 正常ヒト表皮角化細胞およびマウスの皮膚細胞のタイトジャンクション形成に関する研究
  • 飼料中へのヨウ素添加が産卵鶏の卵蛋白質遺伝子発現および鶏卵中の脂質成分へ及ぼす影響
  • ニワトリ胎仔生殖隆起外に存在する始原生殖細胞様細胞の培養
  • 2006年から2014年までのアフリカゾウの行動の経時的変化
  • 飼育ツシマヤマネコの行動および利用場所の選択
  • こども動物園における来場者とのふれあいがヤギの行動に及ぼす影響
実験や実習を通して、動物を学問として追求

本学科では、ウシやヒツジなどの産業動物を中心に、動物について幅広く学ぶことができます。授業でも専門知識を学びますが、動物科学実験でウシやヒヨコを解剖したり、牧場実習でウシの人工授精技術について学んだりと、実際に体験して学べる機会も多くあります。私自身も入学してから動物との関わり方を改めて考えるようになりました。動物好きな皆さん、ぜひ学問として追及してみませんか。

松野綾奈さん
動物科学課程(現:動物科学科)
〈宮城県宮城野高等学校出身〉
野生動物の生態という未知の分野に挑む面白さ

野生動物の行動や習性に興味があり動物行動学を専攻しています。野生動物の生態は未知のことが多く、研究にやりがいを感じる分野だと思います。私は盛岡市の森林に生息するシカの個体数の経年変化を研究しています。シカは近年、全国で急速に分布を拡大しています。それに伴い農林業被害や植生被害が増加していることが問題となっており、この研究を通して、シカの個体数管理や被害防除に役立てたいと考えています。

佐々木拓弥さん
共生環境課程 動物科学課程(現:動物科学科)
〈宮城県石巻高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

食品・医薬品・動物関連企業  国家・地方公務員(畜産職)  大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、家畜人工授精師、実験動物技術
者、生殖補助医療胚培養士、環境衛生監視員、普及指導員(受験資格)

平成26年度 卒業生の進路実績 学科再編前の卒業生の実績です。円グラフの数字は人数を示しています。

【進学】岩手大学大学院、岩手医科大学歯学部、専門学校・各種学校

【公務員】福島県、弘前市、大仙市役所

【民間企業】秋田大学医学部附属病院、日東ベスト(株)、京野アートクリニック、飯田工業薬品(株)、山崎製パン(株)、日本食研ホールディングス(株)、新ふくしま農業協同組合、(有)ロマンチックデーリィファーム、一般社団法人ジェネティクス北海道、(株)フリーデン、アミューズ(株)、インターファーム(株)、(有)小林農産、アステラス製薬(株)、日本全薬工業(株)、JA東日本くみあい飼料(株)、阪神畜産(株)、(株)ローソン、(株)宮城テレビ放送、(有)キロサ肉畜生産センター