• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員

 動物科学科

【定員30名/4年制/コースなし】

  • Biological Chemistry
  • Biological Chemistry
  • Biological Chemistry
アドミッションポリシー (入学者受入の方針)

動物科学科は、産業動物(家畜)、実験動物、野生動物、展示動物などの様々な動物種および飼料作物などを対象に、人と動物が共生する地域社会の創造を目指し、効率的かつ機能的な動物産業の発展と生命科学に関する高度な科学技術の開発に貢献できる人材を育成します。
そのために本学科では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 動物科学を学ぶに相応しい基礎学力
  • 動物科学への強い関心と、積極的に学ぶ意欲
  • 動物に関連した産業の諸問題の解決に取り組む意欲
学科概要
動物生産の復興、人の健康増進、
動物遺伝資源の保護などの幅広い分野を教育・研究

動物科学科は、動物生産の復興のみならず、人の健康増進、動物遺伝資源の保護など幅広く人類の役に立つための教育・研究を行います。本学科には、動物形態学分野、動物生理学分野、動物遺伝育種学分野、動物生殖学分野、動物栄養学分野、草地学分野、動物管理学分野、動物資源利用学分野を置き、産業動物、実験動物、野生動物、展示動物などの様々な動物種を対象とします。
本学科では動物科学分野におけるグローバルな視点を持った技術者や地域社会のリーダーとして活躍できる専門職業人の育成を行います。

1

地域的背景を活かし、効率的かつ機能的に動物科学を学ぶ

我が国有数の畜産物生産基地である東北地方という地域的背景を活かし、地球の環境保全に配慮しながら、効率的かつ機能的に動物を生産するための動物科学について学びます。

2

幅広い動物種を対象として様々な分野の講義および実験を実施

産業動物(家畜)、実験動物、野生動物、展示動物など、幅広い動物種を対象として、動物の生理、形態、組織、遺伝育種、発生、生殖、栄養、生産生理、飼養、管理、行動、草地および動物資源の利用に関する講義および実験を行います。

3

充実の施設で牧場実習を実施、
動物科学に関わる幅広い学問を学ぶ

附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでの牧場実習を実施し、また、他課程の授業科目を数多く受講できるように工夫しており、動物科学に関わる幅広い学問について学ぶことができます。

カリキュラム

※2019年度入学生のカリキュラムです。

  • 科目紹介
    動物発生学 〈2年前期〉

    動物発生学に関しての基礎的な知識を身につけるため、発生学の歴史、発生学の根幹をなす受精、胚発生、胎子発育・胎盤形成、また、これらの現象を制御する仕組みについての基本的な知識を学びます。

  • 愛玩動物栄養学 〈3年後期〉

    ペットフードの選び方や与え方を始め、日頃の健康管理に役立つ基本的知識を習得するため、イヌとネコそれぞれのヒトとの関わりの歴史や存在位置、体の構造的特徴と栄養特性、習性に基づく栄養特性などについて学びます。

  • 動物行動学 〈3年前期〉

    動物行動学を体系的に理解するため、行動の起こる仕組み、行動の機能、行動の発達、行動の進化、行動の分類、行動レパートリー(維持行動、社会行動、生殖行動、葛藤行動、異常行動)について、野生動物や産業動物などを例に学びます。

  • 動物資源利用学Ⅰ 〈3年前期〉

    身近な食品である食肉についての理解を深め、また、食肉を利用した加工品の製造技術に関する知識を習得するため、加工業の歴史や、食肉の成分および機能を利用して肉製品を製造する技術について学びます。

卒業研究テーマ例 2016年度、2017年度(平成28年度、29年度)動物科学課程卒業生の研究テーマです。
  • 育成牛における第一胃発酵性状および血漿グルコース・ロイシン代謝に及ぼすグリセロール添加給与の影響
  • チロシン水酸化酵素阻害がSalsolinolにより誘起されるヤギのプロラクチン分泌に及ぼす影響
  • 機能性アミノ酸アルギニンの静脈内投与量がウシの受胎性に及ぼす影響
  • 採食物の種類および埋める深さが飼育ニホンアナグマの探査行動におよぼす影響
  • ヒツジにおける成長、消化機能およびメタン産生に及ぼすプロバイオティクス添加給与の影響
  • アトピー性皮膚炎モデル動物の皮膚バリア機能に対するエーテル型リン脂質の作用の解析
  • ヒツジ血漿抗酸化活性とアスコルビン酸の機能
  • 牛肉のテクスチャープロファイル分析によるパイナップル果汁のブロメライン濃度の推定
  • 飼料タンパク質源の違いがニワトリの血漿中グリコアルブミン濃度に及ぼす影響
  • マウスの妊娠初期に特異的なタンパク質の検索
  • メラトニンによるヤギのプロラクチン分泌修飾に関する研究-甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンとドーパミンの影響-
  • 飼料中大豆のユーグレナまたはパラミロンとの置換がニワトリの成長および小腸の免疫関連遺伝子発現に及ぼす影響
  • 混合飼育下におけるダチョウの場所利用
  • ウシ超早期妊娠因子モノクローナル抗体分泌クローン候補の作出
  • グルタチオンによるヒツジの抗酸化活性に及ぼす影響
  • 乳酸オリゴマーが脂質吸収に及ぼす影響
  • 温暖化が牧草生産性に及ぼす影響のモデルによる評価
  • 塩漬剤としてのKClが日本短角種牛肉の理化学特性およびテクスチャー特性に及ぼす影響
  • ブタ初期胚におけるmicroRNA関連因子の発現とその機能解明
  • TGFβ1を感作した子宮上皮細胞がブタ胚の初期発生におよぼす影響
動物がもっと好きになる! 体験の中で学ぶ動物科学

動物科学科ではウシやブタ、ヒツジなどの産業動物を中心に、実験動物や野生動物など、動物について様々な学問を学ぶことができます。講義を聞いて学ぶだけでなく、動物科学実験でウシやヒヨコの解剖をしたり、動物公園でクマの行動調査をしたり、さらに牧場実習ではウシのお世話や人工授精などを実際に体験して学ぶこともできます。聞いて触れて学ぶことで知識がより深まり、動物がもっと好きになると思います。

平彩花(たいらあやか)さん
動物科学課程(現:動物科学科)
〈札幌光星高等学校出身〉
動物について幅広い視点から楽しく学びたい方へ

当学科では、産業動物を中心に様々な動物種について学んでいます。動物に関して学習できる学問分野が幅広く、その中で自分が特に興味を持った分野の研究をできることが一番の特色だと思います。また、牧場での実習があり実際に牛などの動物にふれあう事ができます。座学だけではなく牧場で体験しながら学ぶこともでき、楽しく動物を学べます。動物が好きで、動物について幅広い視点から学び研究したいと思ったら、ぜひ動物科学科へ!

門岡憲(かどおかあきら)さん
動物科学課程(現:動物科学科)
〈岩手県立花巻農業高等学校出身〉
進路・資格

【想定される進路】

食品・医薬品・動物関連企業  国家・地方公務員(畜産職)  大学院進学

【取得可能な資格等】

高等学校教諭一種免許状(理科、農業)、食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)、家畜人工授精師、実験動物技術
者、生殖補助医療胚培養士、環境衛生監視員、普及指導員(受験資格)

2015~2017年度(平成27~29年度) 卒業生の進路実績

※学科再編前の卒業生の実績です。 ※円グラフの数字は人数を示しています。
※円グラフは2017年度(平成29年度)のみの実績です。

進路

【進学】岩手大学大学院、千葉大学大学院、岐阜大学大学院、九州大学大学院

【公務員】岩手県、青森県、秋田県、宮城県、福島県、神奈川県、宮城県警察本部、盛岡市、石巻市、東京都、農林水産省、農林水産省動物検疫所、財務省東京税関

【民間企業】(株)エルザクライス、(株)岩手畜産流通センター、(株)富山育英センター、アルピコホールディングス株式会社、インターファーム(株)、カメイ(株)、遠野牧場(株)、京野アートクリニック、長野県農協直販(株)、東日本旅客鉄道(株)、日本微生物化学(株)、服部コーヒーフーズ(株)、(株)ラコステジャパン、(株)鐘崎、(独)家畜改良センター、JA東日本くみあい飼料(株)、プライフーズ(株)、久慈ファーム(有)、参天製薬(株)、仙台市八木山動物園、全国農業協同組合、東海林畜産(自営業)、(株)岩手県畜産流通センター、全国酪農業協同組合連合会、東日本旅客鉄道(株)仙台支社、(一社)家畜改良事業団、小泉アフリカ・ライオン・サファリ(株)、(株)トラステック、JA東日本くみあい飼料(株)、(株)セブンイレブン・ジャパン、(株)科学飼料研究所、JA全農北日本くみあい飼料(株)、オリーブレディースクリニック麻布十番、全国農業協同組合連合会岩手県支部、森久保薬品(株)