• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
研究室紹介

水産システム学研究室(水族遺伝学)(食料生産環境学科)

生物の外見は同じに見えても,遺伝子・DNAレベルでみると個体ごとに少しずつ違っています。水産資源の増養殖や維持•管理に貢献する事を目的に、サケなど魚介類の遺伝子情報を調べて遺伝•生態などの生物特性を解明する研究を行なっています。

所属教員
塚越 英晴    
キーワード
動物    水産業    海    生態    資源    

研究内容

三陸岩手のサケの遺伝特性の解明

 三陸岩手は日本有数のサケの漁獲量を誇る地域です。そのサケ資源は、ふ化放流など水産関係者の努力により増大してきました。これからも持続的にサケ資源を利用してくためにふ化放流は欠かせないものですが、放流事業による野生魚の遺伝的多様性に対する影響や、大量の種苗を放流することによる生態系への影響といった懸念も少なくありません。このため,遺伝的多様性や集団構造の現状把握と維持はサケ資源の持続的利用を図る上で重要であり,遺伝分析の担う役割は大きいと考えられます。

 当研究室では、資源管理方法や増殖事業の改善に係わる提言を主な目的として、本県に分布するサケを中心に遺伝分析を進めており、回帰•遡上するサケの地理的分布および遡上時期による遺伝的分化の有無や集団構造の解明など,沿岸や河川で漁獲されるサケ資源の遺伝特性の把握を進めています。