• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
研究室紹介

森林動態制御研究室(森林科学科)

健全な森林(特に、二次林と人工林)を持続可能な方法で手入れする仕組みを、群落生態学、森林造成学、森林計画学の観点から研究しています。

所属教員
國崎 貴嗣    
キーワード
フィールド科学    林業    森林    生態    生産技術    

研究内容

 研究テーマの1つ目は「過密な針葉樹人工林の改善技術の開発」です。日本では、せっかく作った針葉樹人工林の一部がきちんと手入れされないまま放置され、林内が真っ暗になっています。すると、林床植生が乏しくなり、水土保全機能や生物多様性保全機能が低下します。

 

また、過密人工林をそのまま放置しておくと、台風や湿った大雪などで風雪害が発生し、幹が折れたり、倒れたりします。

林内を明るくするとともに、風雪害に負けない林木を育成するには間伐(本数調整)が必要です。では、どのような種類の間伐をどのくらい頻度・強度でおこなえばよいのでしょうか。こうした技術を開発するために、岩手大学演習林を主なフィールドとして研究を重ねています。そして、その研究成果は岩手県の森林環境税(いわての森林づくり県民税)の「いわて環境の森整備事業」の検証などにも活用されています。  

 

 研究テーマの2つ目は「針葉樹人工林の針広混交林への誘導技術の開発」です。人口減少時代に入った日本では、現在のように1030万haを超える人工林を今後も維持し続ける必要性は高くありません。特に、1960年代以降の拡大造林で天然生林から人工林に林種転換されたもののうち、必ずしも適していない場所に造成された人工林の一部は不成績造林地と化しています。こうした人工林内には天然更新してきた樹木が少なからず共存していることもあり、これを育成しながら、将来、林冠層で植栽針葉樹と天然更新広葉樹が入り混じった針広混交林に誘導することも「100年先を見通した森林づくり」では重要です。岩手大学御明神演習林内で、粗放的に管理された「スギ人工林由来の針広複層混交林」の林分動態について長期モニタリングを続けています。

  

 

 研究テーマの3つ目は「天然生林の再生」です。生物多様性保全を考えるにあたり、地域固有の天然生林を再生・保全していくことが大事です。これは、林野庁が提唱する「広葉樹林化」と同様の視点であり、県の木がアカマツである岩手の場合、アカマツ天然生林(や多くはないもののスギやヒバの天然生林)も含めて「天然生林の再生」と位置付けています。地域の天然生林であるアカマツ林やコナラ林に加え、目的樹種を明示した広葉樹林化のモデルケースとして、樹種特性がよく知られているケヤキの天然更新についても調査しています。