• 受験生の方
  • 高校の先生方
  • 社会人・研究者の方
  • 卒業生の方
  • 地域の方
  • 学内・教職員
研究室紹介

林業生産工学研究室(森林科学科)

多様な森林資源を持続的に収穫するための林業の生産技術・システムを対象として、森林作業の生産性・経済性の向上、労働安全衛生の確保、また森林環境に与える影響の低減などの観点から研究を行っています。

所属教員
立川 史郎    
キーワード
林業    森林    生産技術    資源    農山村    

研究内容

(1)エネルギー利用のための未利用低質材の収穫システム 日本の林業現場で建築材などに利用されない未利用森林資源を効率的・経済的に収穫し、発電や熱供給などのエネルギーとして利用するための作業システムについて検討しています。これまでのところ、間伐方法や集材方法の改善(列状による間伐や枝葉の付いた材(全木材)の集材)によってコストを低減できること、利用できる材の大きさ(材積)や形状が収穫システムの生産性やコストに大きく影響することなどが明らかとなっています。現在さらに、建築材などの用材生産と組み合わせた輸送・粉砕・仕分けの効率的なシステム、ワイヤロープを用いた架線集材による全木材の効率的な収穫システムなどについて検討を進めています。

(2)長伐期施業における作業システム これまで日本の林業では50年程度を目安に伐採(皆伐)して次世代の森林を造成していくことが標準とされていましたが、伐採までの期間を100年以上として、その間繰り返し間伐を行って収入を得ていくという林業経営(長伐期施業)が試みられるようになってきています。長伐期施業を行うと、針葉樹と広葉樹の混交林など環境保全と木材生産が両立できる豊かな森林を造成できます。これまでの本学演習林を中心とした調査結果では、高齢の間伐木になると材積が増大し、また樹高も高くなって道路までの距離が短くなり、生産コストが低減することなどが明らかとなっています。現在さらに間伐木の大きさに対応した機械の大型化やそれに必要な道路の整備などについて検討を進めています。

(3)東北地方における馬搬作業の可能性 かつて日本では広く行われていた馬による木材の搬出作業(馬搬作業)は、非常に数少なくなってきましたが、現在でも行われている地域があります。馬搬作業のメリットとして、道路がなくてもかなりの傾斜地まで対応でき、また地面や立木への影響が少ないことなどがあげられます。これまでの調査の結果では、小型の集材車両にほぼ匹敵する生産性が確保でき、また地面の締め固めなどの林地への影響が集材車両と比較してかなり小さいことなどが明らかとなっています。現在さらに若手後継者により馬搬作業を実践している地域などを中心に、馬搬作業が存続していくための条件などについて検討を進めています。

     

     最新の林業機械による作業

現在も行われている馬搬作業