森林科学科(野生動物管理学分野)准教授 公募のお知らせ(2016年10月)

2016.10.25
第14回農学部進路懇談会(11月12日)開催のご案内
2016.10.25
第17回農学部授業公開(11月7日~11日)及び教育懇談会(11月11日)開催のご案内
2016.10.21
岩手大学公開講座「牧場ではたらくくるま体験」のお知らせ

御明神牧場では、小学生以上の児童・生徒を対象に、牧草収穫で使用するトラクターや作業機の操作体験ができる公開講座を企画しました。

奮ってご参加頂けますようご案内申し上げます。

 

日 時:平成28年11月23日(水) 9:00~12:00(受付9:00~)※雨天の場合は中止とします

 

場 所:岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター御明神牧場

(住所:岩手県岩手郡雫石町御明神大石野  TEL:019-692-3031)

 

対 象:小学生以上の児童・生徒10名(保護者要付添い)

 

参加費:100円(傷害保険料含む)

 

持ち物・服装等:健康保険証、汚れてもよく野外作業に寒くない格好(長靴、帽子、手袋等)、着替え

 

申込締切:平成28年11月16日(水)

※但し期間内であっても定員になり次第締切とさせて頂きます

 

申込み方法:電話・FAX・メールのいずれかで下記申込先までお申し込みください。

申込先)岩手大学三陸復興・地域創生推進機構 地域連携・COC推進課

電話:019-621-6492/FAX:019-621-6493/メール:renkei@iwate-u.ac.jp

 

ポスター・参加申込書(PDF) 御明神総合施設周辺図(PDF)

2016.10.17
岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)食の安全部門研修会 「最新のマルチ病原体遺伝子検出システム紹介:食中毒病原体を標的に」

ポリメラーゼチェーン反応(PCR)が遺伝子検出法に応用されて以来、微生物検出・感染症診断法が大きく進歩しました。市販されたり、論文で報告されたりしている遺伝子検査法を見ると、標的微生物は1~5種類程度でしょうか。一方、症状や傷害を受けた組織などから類推される病原体は1種類ではありません。本研修会では、人の消化器系に病態を誘発するウイルス、細菌、寄生虫15種類の病原体を、一度の反応で、また、専用の機器で、迅速簡便に検出するシステムの原理を学び、実際の手順を学習していただきます。

 

日時:平成28年11月10日(木)10:30~17:30
場所:岩手大学総合教育研究棟(生命系)1階スペースC、2階スペースG

 

募集人数:15名
対象者:食品衛生・食品安全に関わる方、食肉検査・感染症検査にかかわる方、食品品質管理にかかわる方、臨床検査企業の方、地方自治体衛生局の方

研修日程表及び内容:日程表(PDF) 参照

受講料:4,000円(資料代)※当日申し受けます。
※研修会終了後に情報交換会を開催いたします。参加される方は、別途参加費(3500~4,500円程度)が必要になります。

 

受講証書:受講者には、岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター長が発行する受講証書を授与します。

主催:岩手大学農学部附属 動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)

 

申込方法:別紙参加申込書により、下記連絡先へ電話、FAX又はメールにてお申し込み下さい。

〒020-8550 盛岡市上田3-18-8 
岩手大学農学部地域連携推進室 担当:岡田
TEL:019-621-6108 FAX:019-621-6107 E-mail:fams@iwate-u.ac.jp
電話受付時間:月~金(祝祭日を除く)午前10時~午後5時

 

申込締切:平成28年11月4日(金)

 

※詳細は、開催要項、日程表をご覧ください。

 

 

開催要項(PDF)  日程表(PDF)  申込書(Word)

 

岩手大学農学部附属 動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)ホームページ